キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ISR/ISR G2 シリーズルータにおいて NIST rng proc プロセスでCPUHOGが発生することがある

2012年12月15日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

ISR/ISR G2 シリーズルータにおいて、暗号化等で使用するための乱数を生成する NIST rng proc プロセスでCPUHOGが発生し、トレースバックを伴う以下のようなメッセージが出力されることがあります。

SYS-3-CPUHOG Task is running for (500)msecs, more than (500)msecs (0/0),process = NIST rng proc.

このメッセージは NIST rng proc プロセスが期待されているより長い CPU 時間を占有したことを示すもので、ルータが行うサービスに一時的な影響を及ぼす可能性があります。実際に IP SLA に失敗するという例が確認されています。

なお、この問題は以下の条件に全て当てはまる場合に見られます。

  1. 15.1(2)T 以降で後述するバグIDの修正が反映されていない IOS を使用する、
  2. K9 イメージを使用している、

上の条件で 2.を補足しますと、IPSec、AAA、SSH など暗号化モジュールを使用する機能を設定しいる場合が該当します。

原因

この問題は CSCuc39312 として報告されています。

解決策

改修版ソフトウェア :

CSCuc39312 の問題が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎12-14-2012 05:21 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)