キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

PortChannelでIPDT機能が自動有効になる場合がある

2016年10月28日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Catalystシリーズ、IE(Industrial Ethernet)シリーズスイッチにおいて、PortChannelを設定した時、チャンネルポートおよびメンバーポートのIPDT(IP デバイス トラッキング)機能は関連設定がないにも関わらず、自動的に有効になる場合がございます。PortChannelから外しても、メンバーポートのIPDT機能が有効なまま残ります。


IPDT機能が有効か否かは下記のコマンドで確認できます。

show ip device tracking all

show ip device tracking interface <IF名>

出力例:

Swtich#show ip device tracking all
Global IP Device Tracking for clients = Enabled
Global IP Device Tracking Probe Count = 3
Global IP Device Tracking Probe Interval = 30
Global IP Device Tracking Probe Delay Interval = 0
-----------------------------------------------------------------------------------------------
IP Address MAC Address Vlan Interface Probe-Timeout State Source
-----------------------------------------------------------------------------------------------

Total number interfaces enabled: 4
Enabled interfaces:
Gi1/0/43, Gi1/0/44, Gi1/0/45, Po1

Switch#show ip device tracking interface port-channel 1

--------------------------------------------
Interface Port-channel1 is: PORT CHANNEL
IP Device Tracking = Enabled
IP Device Tracking Probe Count = 3
IP Device Tracking Probe Interval = 30
IPv6 Device Tracking Client Registered Handle: 1
IP Device Tracking Enabled Features:
HOST_TRACK_CLIENT_CTS
--------------------------------------------


原因

この問題はCSCuv06790として報告されています。

解決策

不具合の暫定回避策 :

ありません

 

改修版ソフトウェア :

CSCuv06790 の問題が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

 

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎10-28-2016 01:58 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(2)