シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

POS インターフェイス SPA にて回線プロトコルがダウンする

2009年 6月12日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Cisco 12000 シリーズルータにて POS インターフェイス SPA(Shared Port Adapter)を使用した場合、対向ルータとの  SONET ペイロードスクランブル設定の不一致により、レイヤー 2(HDLC や  PPP)のネゴシエーションが失敗し、回線プロトコルがダウンすることがあります。

該当 SPA では、SONET ペイロードスクランブルがデフォルトで有効となっています。そのため、スクランブルが無効に設定されているルータと該当 SPA  を接続した場合、レイヤー 1 はリンクアップするものの、スクランブル設定が一致しないため SONET ペイロードのレイヤー 2(HDLC や  PPP)フレーム部分が解釈できず、回線プロトコルのステータスがダウンとなります。

show interfaces  コマンドの出力では、リンクステータスがアップとなり、回線プロトコルステータスがダウンとなります(※1)。回線プロトコルがダウンしているため、対向ルータからフレームを受信することができず、インプットのパケットカウンタが増加しません(※2)。また、スクランブル設定の状態も  show interfaces コマンドの出力で確認することができます(※3)。

Router#show interfaces pos1/0/0
POS1/0/0 is up, line protocol is down  (※1)
Hardware is Packet over SONET
MTU 4470 bytes, BW 2488000 Kbit, DLY  100 usec, rely 243/255, load 1/255
Encapsulation HDLC, crc 32, loopback not  set
Keepalive set (10 sec)
Scramble enabled (※3)
Last input never,  output 00:00:02, output hang never (※2)

対象製品:
本事象は、IOS の動作している Cisco 12000 シリーズルータにて、下記  OC-48c/STM-16c および OC-192c/STM-64c の POS インターフェイス SPA  を使用している場合に発生することがあります。OC-3/STM-1 や OC-12/STM-4 の POS インターフェイス SPA  は、該当しません。また、Cisco 12000 シリーズルータ以外のプラットフォームで下記 SPA を使用した場合は、該当しません。

  • SPA-1XOC48-POS/RPR
  • SPA-2XOC48-POS/RPR
  • SPA-4XOC48-POS/RPR
  • SPA-OC192POS-VSR
  • SPA-OC192POS-LR
  • SPA-OC192POS-XFP

解決策

対向ルータの POS インターフェイスにて SONET  ペイロードスクランブルを有効にし、両ルータでスクランブル設定を一致させることにより解決することができます。Cisco IOS  ルータでは、以下のコマンドによりスクランブルを有効にすることができます。

pos scramble-atm

なお、該当 SPA  ではスクランブルを無効にすることができません。そのため、対向ルータにてスクランブル設定を有効にする必要があります。これらの設定に関する詳細は、Configuring the POS SPAs も参照してください。

また、show interfaces コマンドの出力の中で input error(CRC error など)が上昇したり  show controllers コマンドの出力の中で BIP エラーなどが上昇し、インターフェイスの Link/Line Protocol ステータスが  up/down となる場合には、スクランブル設定が対向ルータと一致していることを確認した上で、下記サイトを参照し、POS  トラブルシューティング手順に従ってハードウェア障害や回線障害を切り分けてください。

SONET リンクにおけるビットエラーレートのトラブルシューティング

トラブルシューティング:POS インターフェイスでの「Line Protocol is  Down」問題

備考

掲載元: TechNews 2006 年 11 月号 No.0611-0003

388
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント