キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

WS-C3560E-12D で Twingig converter を取り外すと、結線されていないポートのリンクが UP したり、結線されリンクが UP しているポートの対向機器側でリンクダウンを検出し、トラフィックの送受信が行えなくなる場合があります。

2009 年 2 月 11 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

電源が入っている WS-C3560E-12D で、X2 スロットから Twingig converter を取り外すと、
結線されていない一部のポートのリンクが UP したり、すでに結線されリンクが UP している

ポートの対向機器側でリンクダウンを検出し、トラフィックの送受信が行えなくなる場合があります。

この問題は、WS-C3560E-12D のみで発生します。

問題が発生するポートは、Twingig converter を取り外した X2 スロットに依存します。
以下、Twingig converter が取り外されたスロットと、その際に問題が発生するポートが
所属するスロットの組み合わせを示します。

-スロット1とスロット2
-スロット3とスロット4
-スロット5とスロット6
-スロット7とスロット8
-スロット9とスロット10
-スロット11とスロット12

(例)
-スロット1 の Twingig converter を取り外した場合、スロット2 に所属する
ポートのみで上記の問題が発生します。

-スロット2 の Twingig converter を取り外した場合、スロット1 に所属する
ポートのみで上記の問題が発生します。


この問題は、CSCsv13625 として報告されております。

解決策

改修版ソフトウェア:
CSCsv13625 の修正が適用されたソフトウェアの使用

不具合の暫定回避策:
不具合が発生しているポートで、"shut" および "no shut" を行う、または、Twingig converter が
取り外された X2 スロットに再度 Twingig converter を挿入する事で、上記問題から復旧します。

備考

本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-24-2012 11:12 AM
更新者:
 
ラベル(1)