シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

VCSシリーズ(旧Tandberg)のライセンスについて

【概要】

Telepresence Video Communication Server (旧Tandberg製品)シリーズの詳細は下記ページに記載されています。

英語: http://www.cisco.com/en/US/products/ps11337/index.html

日本語: http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/tp/vcs/index.html

【型番】

ライセンスの型番は以下のものがあります。

L-VCS-PAK

CTI-VCS-BASE-K9

CTI-VCS-STPAK-K9

LIC-VCS-OCS

LIC-VCS-JITC

LIC-VCS-10

LIC-VCS-20

LIC-VCS-50

LIC-VCS-200

LIC-VCS-300

LIC-VCSE-5

LIC-VCSE-10

LIC-VCSE-20

LIC-VCSE-50

LIC-VCS-FINDME

LIC-VCS-DI

LIC-VCSE-100

LIC-VCS-GW

LIC-VCS-DEVPROV

LIC-VCSE-E

LIC-VCS-70TURN

L-VCS-10

L-VCS-20

L-VCS-50

L-VCS-200

L-VCS-300

L-VCSE-5

L-VCSE-10

L-VCSE-20

L-VCSE-50

L-VCS-FINDME

L-VCS-DI

L-VCS-JITC

L-VCS-OCS

LIC-VCS-STPAK

L-ATP-VCS-20

L-ATP-VCS-DI

L-ATP-VCS-FINDME

L-ATP-VCSE-10

LIC-ATP-VCS-20

LIC-ATP-VCS-DI

LIC-ATP-VCSE-10

LIC-ATP-VCS-FINDME

LIC-VCS-10+

LIC-VCS-1800TURN

LIC-VCSE-5+

L-VCS-1730TURN

L-ATP-VCS-PAK

CTI-VCSE-SPUPG-K9

LIC-VCS-SPUPG-PAK

CTI-VCSC-SPUPG-K9

L-BC-TC-10

L-BC-TC-5

L-GK-TC-10

L-GK-TC-5

L-GK-LC-25

L-GK-LC-50

L-BCGK-PAK

【製品新規購入時】
ライセンス状態

発注したライセンス製品すべてについて機器にプリインストールされます。

ライセンス取得手順

プリインストールの為、手続きは不要です。

【RMA時】
ライセンス状態

RMAにて配送された機器にはライセンスは含まれていません。

ライセンス取得手順

RMA製品を受領後、

    1. http://www.cisco.com/go/license のページにアクセスしてください。
    2. Register for an RMA License → Tandberg Products → Goto RMA Portal にアクセスしてください。
      WebブラウザでCAPTCHA画像(認証画像)を表示できない場合はIEでクッキー有効化するか、またはFirefoxを利用して閲覧してください。
    3. 新旧シリアル番号を指定してください。
      シ リアル番号が不明の場合、WebブラウザにてシステムにAdministratorとしてログインしてください。ブラウザの右下にシリアル番号が記載されています。
    4. 表示されるライセンス情報を確認の上、新機器用のライセンスを発行してください。

ライセンスのインストール手順

RMA製品を受領後、

    1. ライセンス発行メールに添付のライセンスファイル(拡張子: 「.lic」)を、ハードディスクの任意の場所に保存し、テキストエディタで開いてください。

    2. WebブラウザでCisco VCSのIPアドレス、またはホスト名を開いてください。 http://(IPアドレス)

    3. VCSに、システム管理者としてログインしてください。(新規VCSの場合、ユーザ名は「admin」でパスワードは設定されていません)

    4. VCSのWebインタフェース上で、「Maintenance」>「Option Keys」を選択してください。オプションキーのページが開きます。ページ上の最初の部分は既にシステムにインストールされたキーとその機能についてが一覧に記載されています。「System Information」の部分では、システム構成上に存在する、ハードとオプションについて記されています。.licファイルに含まれる各アクティベーションコードにつき、手順の5、6を繰り返してください。
    5. 「Add option key」の欄に、追加したいオプションの20文字のキーを入力します。
    6. 「Add option」をクリックします。

オプションキーによっては、有効になるまでに再起動が必要になるかもしれません。そのような場合には、Webインタフェース上で警告が出て、再起動が行われるまでは表示され続けます。但しその間にもVCSの設定や使用は可能です。

2133
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント