シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
告知
シスコ サポート コミュニティへようこそ!あなたの ご意見 をお聞かせください。
New Member

DMVPNの動作について

DMVPNの動作について教えてください。

現在、CISCO891FJでDMVPN環境を構築しようと考えております。

<構成>
C891FJ①
 |
 |
 |
インターネット
 |
 |
 |
他社製ルータ(PAT)
 |     |
 |     |
 |     |
C891FJ②  C891FJ③


※C891FJ①はDMVPNハブとして動作しており、C891FJ②およびC891FJ③はDMVPNスポークとして動作しています。
※他社製ルータは内部⇒外部への通信をPATしています。


<確認したいこと>
C891FJ②もしくはC891FJ③のいずれか1台のみ起動している状態ではC891FJ①との通信ができているのですが、
C891FJ②およびC891FJ③の両方を起動させると以下のいずれかの事象が発生します。
---------------------------------------------------------
C891FJ②とC891FJ①の通信OK、C891FJ③とC891FJ①の通信NG
または
C891FJ②とC891FJ①の通信NG、C891FJ③とC891FJ①の通信OK
---------------------------------------------------------

なおこの時のC891FJ①のshow ip nhrpの出力結果では以下のようになっていました。

#C891FJ②

192.168.1.1/32 via 192.168.1.1
Tunnel1 created 04:47:37, expire 00:04:22
Type: dynamic, Flags: unique registered used nhop
NBMA address: 1.1.1.1
(Claimed NBMA address: 192.168.10.254)

#C891FJ③

192.168.1.2/32 via 192.168.1.2
Tunnel1 created 4d05h, expire 00:04:49
Type: dynamic, Flags: unique registered used nhop
NBMA address: 1.1.1.1
(Claimed NBMA address: 192.168.20.254)

C891FJ②およびC891FJ③の両方が起動しているとどちらかがC891FJ①との通信が出来なくなるのですが、
NAT装置(他社製ルータ)の配下にDMVPNスポークを2台設置することは可能なのでしょうか。

以上です。宜しくお願いします。

1 件の返信
New Member

yoshiyuki さん

yoshiyuki さん

DMVPN の NAT はやったことが無いので、間違っていたらすみません。

NHRP での出力を見るように今回の構成 PAT ルータ配下では NHRP の出力から C891FJ②と C891FJ③の NBMA address が同じになっちゃいますよね。これではハブから各ルータを識別することができず、片方としか通信ができないと思います。

DMVPN + NAT で下記のページを見つけました。

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/ios/sec_secure_connectivity/configuration/guide/15_0/sec_secure_connectivity_15_0_book/dmvpn_dt_spokes_b_nat.html

In order for spokes to build tunnels between them, they need to know the post-NAT address of the other spoke.

If one spoke is behind one NAT device and another different spoke is behind another NAT device, and Peer Address Translation (PAT) is the type of NAT used on both NAT devices, then a session initiated between the two spokes cannot be established.

最初の文からは、spoke 同士のトンネル確立にはお互いのNAT語のアドレスを知る必要があるとありますが、今回の場合は同じになっちゃうので・・・。ダメな気がします。

後者の文では PATルータ が各 Spoke 毎にあるイメージですが、両 Spoke が PAT ルータ配下だとダメだと書いてあります。

上記からは、PAT 装置配下に複数の Spoke というのはサポート外か、推奨されていないような気がします。Hub <-> Spoke②、③間のみの通信ということであれば、PATではなくStatic NAT でSpoke②、③にそれぞれ別の IP を割り振るようにすれば通信はできるようになるのではないかと思いますが・・・。

ただ、サポート外だと運用しだして問題が出ると目も当てられないので、可能なパスがあればシスコのSEさんや機器の購入元SEさんに相談してみるのがいいかと思います。

252
閲覧回数
0
いいね!
1
返信
作成コンテンツを作成するには してください