キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

コンソールのつなぎ方

トラブルシューティングに必要なログ取得を行うためには、
ワイヤレスコントローラやアクセスポイントの CLI にアクセスする必要があります。

TELNET などのリモートアクセスができない環境でログ取得を行うため、
本ドキュメントではシリアルコンソールからの CLI アクセスについて紹介します。

1. シリアルケーブルの準備

以下のような RJ-45-シリアル変換ケーブルを準備頂き、
PC と接続してください。(画像は AIR-CT2504-CCBL )



ご使用の PC にシリアルインターフェイスが無い場合、
以下のような USB-シリアル変換ケーブルも必要となります。


※シリアルケーブルを使用する場合、ドライバソフトウェアが必要になる場合がありますので、
  お使いのシリアルケーブルのマニュアルをご確認頂き、ドライバソフトウェアをインストールしてください。

2. コンソールポートへの接続

対象機器のコンソールポートにシリアルケーブルを接続します。

3. ターミナルソフトでの接続

シリアルコンソールへのアクセスはVT-100ターミナルソフト ( Teraterm / Hyper Terminal / minicom など)
が必要となります。



適切なシリアルコンソールのデバイスを選択し、
シリアルコンソールに接続してください。
( Windows の場合は COM ポートとなります。)


必要に応じてターミナルソフトのパラメータは以下のとおり設定してください。

( Teraterm の場合はデフォルトから変更する必要はありません。)

  • 9600 ボーレート
  • 8 データ ビット
  • フロー制御なし
  • 1 ストップ ビット
  • パリティなし

4. CLIアクセス

ケーブル接続やターミナルソフトの設定が正しい場合、

Enter キーを押すとログイン画面が表示され CLI にアクセス可能となります。

5. ターミナルソフトのログ保存

CLI の実行結果を保存するため、ターミナルソフトのログ保存を有効にしてください。


バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-12-2016 10:50 PM
更新者:
 
ラベル(1)