キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

自律型AP-WLAN作成方法(802.1X/EAP)

このドキュメントでは、自律型での 802.1X/EAP認証 WLAN (SSID) を作成する一般的な手順を案内します。

 

動作確認APバージョン: 15.3(3)JC

 

1. [SECURITY] > [Encryption Manger] > [Encryption Modes] にて、SSIDを使用するインターフェイスのタブをクリックして、[Cipher] を選択し、プルダウンリストから [AES CCMP] を選択し、[Apply-Radio0] または [Apply-Radio1] をクリックします。

2.4GHz, 5GHz 両方のインターフェイスで SSID を使用する場合は、両方のインターフェイスのタブで [Cipher] に [AES CCMP] を選択してから [Apply-All] をクリックします。



2. [SECURITY] > [Server Manager] > SERVER MANAGERタブ>[CorporateServers]にて <NEW> を選択し、認証用のRadius Server情報を入力してから [Apply] をクリックします。




3. 同画面より、[Default Server Priorities] > [EAP Authentication]で作成した認証サーバー名を選択して、[Apply] をクリックします。



4. [SECURITY] > [SSID Manager] > [Current SSID List] より<NEW>を選択し、SSID欄に作成する SSID の名前を入力して、Interface欄にRadio0、Radio1または両方にチェックを入れます。



5. [SECURITY] > [SSID Manager] > [Client Authentication Settings] > [Methods Accepted] にて [Open Authentication] にチェックを入れて、プルダウンリストで[With EAP] を選択します。

Network EAP は、旧来の方式であるCisco LEAP のためのオプションですので、チェックは不要です。



6. [SECURITY]>[SSID Manager] > [Client Authentication Key Management] > [Key Management] のプルダウンリストから [Mandatory] を選択し、[Enable WPA] にチェックを入れ、WPA2を選択します。