シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

802.11a/n/ac 5GHz 帯でレーダを検知した (DFS) 履歴を確認する方法 [CUWN]

5GHz 帯を使う 802.11a/n/ac では、無線 LAN アクセスポイントは同じ周波数を利用する航空気象(軍事)レーダの電波を高確率で検知すること、および検知した場合は所定の動作により速やかに当該周波数(チャネル)を停波すること等が義務づけられています。

これは DFS と呼ばれる機能として AP に実装されています。

2014 年 4月 25日時点では、日本国内では次の周波数 [MHz] (チャネル) が DFS の対象となっています。

5260( 52), 5280( 56), 5300( 60), 5320( 64), 5500(100), 5520(104), 5540(108), 5560(112)  5580(116), 5600(120), 5620(124), 5640(128), 5660(132), 5680(136), 5700(140)

 

AP がレーダを検知した場合、そのチャネルは次に利用されるまで最低 30 分間は停波し、使用できないように動作します。AP は停波した後は利用可能な別のチャネルをランダムに選び、速やかに無線 LAN サービスを再開させますが、このときクライアントは瞬間的に AP との接続を失い、サービス断となります。

空港がある県など、地理的な場所によっては頻繁に色々なチャネルで DFS が働く場合があり、そうなるとサービスの瞬断も多くなり、VoWLAN などの遅延、パケットロスに敏感な上位アプリケーションに影響を与えかねません。

 

実際にどれだけの頻度でどのチャネルで DFS が発生しやすいのかは、現地で設置した後に確認するしかありませんが、WLC を使うとその傾向を確認することができます。

WLC の GUI にて、

MONITOR > Access Points > Radios > 802.11a/n/ac > 対象の AP の行の右端の青白の三角形 > Detail

と画面を進めていき、下の方にスクロールすると、"Radar Information" "Channel vs Minutes ago" という棒グラフが表示されます。

このグラフが過去の DFS 動作の履歴を示しており、対象チャネルで何分前にレーダを検知し、DFS 動作を取ったかがわかります。

最初は 1 minutes ago のあたりから始まり、徐々に 30 minutes まで延びて行くことになります。グラフがまだ 30 minutes に達していないチャネルは、現在利用不可能ということになります。

このグラフはそのチャネルが再利用されるまではその場に残りますので、30 minutes いっぱいまで延びきったチャネルは、後で別の DFS が発生した際の利用候補になります。

 

RRM の DCA 設定にてチャネルを動的に決定するようにしている場合は、DCA にチャネル決めを任せておき、しばらく経ってからこのグラフを見てみると、AP 毎の DFS の傾向を知ることができ、セルデザインの情報として考慮することができます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-25-2014 03:53 PM
更新者:
 
コメント
New Member

本件ですがSyslog等に飛ばす方法もしくは一括してCLI等で取る方法(できれば時間軸ソートで)はございますでしょうか。

Cisco Employee

WLC の Trap を使う方法と AP から Syslog を飛ばす方法が考えられます。

この履歴情報のみを CLI で一括して取る、ということは難しいですが、grep を併用すると近い動作が実現できると思います。動作結果までは確認しておりませんが、次のようになります。

(Cisco Wireless Controller) > config paging disable

(Cisco Wireless Controller) > grep include Radar "show traplog"

(Cisco Wireless Controller) > config paging enable

なお AP から Syslog を飛ばす場合は次の設定が必要です。

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/wireless/controller/8-2/config-guide/b_cg82/b_cg82_chapter_01110001.html#ID1536

以上、お試しください。

New Member

WLCの設定で、DFS動作による変更先チャネルを限定させることは可能でしょうか。(チャネル設定はDCAでなく固定を想定してます)

Cisco Employee

DCA を使わない (Auto 設定にしない) のであれば、不可能です。

AireOS Release 8.2 以降であれば、DCA Auto の場合、DCA のチャネルリストの中から変更先を選ぶようになっています。8.2 よりも前のリリースであれば、DCA の有無に関わらずランダムに変更先が選ばれます。

New Member

大崎さん

>AireOS Release 8.2 以降であれば、DCA Auto の場合、DCA のチャネルリストの中から変更先を選>ぶようになっています。8.2 よりも前のリリースであれば、DCA の有無に関わらずランダムに変更先が>選ばれます。

上記の記載ですが、以前WLCバージョン7.6/8.0台のバージョンでDFSの試験を行ったことありますが、8.2より前のバージョンでもDCA Autoの場合、DCAのチャネルリストの中のみでのチャネル変更が行われた結果になっていました。

*当時は、DCA auto + DCAリストはW53/56を選択。

大崎さんのコメントですと、v8.2以前ではW53/56のチャネルリストに設定していても、DFSが働くとにW52のチャネルに変更することもあるとの内容で間違いないでしょうか。(以前の検証ではW52には変更にならず、W53/56の全チャネルが死んだときにW52へののチャネル変更は行われたため)

それとも、大崎さんの記載を私が間違って認識しているのでしょうか。

上記ご確認いただけると幸いです。