シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco Aironet 1100/1200 シリーズ AP の DHCP サーバ設定

対処方法

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバ機能が最初に導入されたのは、バージョン 12.2(11)JA1 の Cisco Aironet 1100/1200 シリーズ アクセス ポイント(AP)です。

AP を DHCP サーバとして設定した場合、イーサネット ポートに接続されたイーサネット対応 PC、またはその AP にアソシエートされたワイヤレス クライアント デバイスに IP アドレスを割り当てることができます。

AP 上で DHCP を設定する方法については、「アクセスポイントの管理」「DHCP サービスの設定」を参照してください。

注:外部 DHCP サーバを使用して IP アドレスを提供する場合、その DHCP サーバがルータの背後にあるときは、ip helper address コマンドを使用して、ルータ インターフェイスで受け取った BOOTP ブロードキャスト パケットを DHCP サーバへ転送できます。DHCP  プロトコル情報は、BOOTP パケットに載せて送信されます。複数のクライアントの BOOTP  ブロードキャスト転送を有効にするには、クライアントに最も近いルータ インターフェイスでヘルパー アドレスを設定します。ヘルパー アドレスでは  DHCP サーバのアドレスを指定します。サーバが複数ある場合は、サーバごとにそれぞれヘルパー アドレスを設定できます。BOOTP  パケットはデフォルトで転送されるので、DHCP 情報もルータによって転送できます。この場合、DHCP サーバは DHCP  クライアントからブロードキャストを受け取ります。このコマンドの使用方法について詳しくは、ip helper address コマンドの説明を参照してください。

詳細については、「アクセス ポイントの管理」を参照してください。 -

問題の種類

設定に関する問題

製品

アクセス ポイント

------------------------------------------------------------------------------------------------

DOC-3628

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎03-30-2011 03:28 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)