シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco Lightweight Aironet アクセス ポイントの DHCP オプション 43 の設定例

はじめに

シスコの  Wireless Unified Architecture が導入されている場合、Wireless LAN Controller(WLC;  ワイヤレス LAN コントローラ)が LAP とは異なるサブネットにあると、Lightweight Cisco Aironet Access  Point(AP; アクセス ポイント)は、ベンダー固有の Dynamic Host Control Protocol(DHCP)オプション  43 を使用して特定の WLC に参加します。このドキュメントでは、DHCP オプション 43 の使用方法を説明し、次の DHCP サーバの  Lightweight Cisco Aironet(AP)に対する DHCP オプション 43 のサンプル設定を示します。

  • Microsoft Windows 2003 Enterprise DHCP サーバ

  • Cisco IOS DHCP サーバ

  • Sun Solaris DHCP サーバ

  • Linux DHCP サーバ

  • Cisco Network Registrar DHCP サーバ

  • Lucent QIP DHCP サーバ

WLC に参加するように AP を設定する方法の詳細については、『ワイヤレス LAN コントローラおよび Lightweight アクセス ポイントの基本設定例』を参照してください。

シスコでは、次のトピックについて理解しておくことを推奨しています。

  • DHCP の基礎知識

  • Windows DHCP サーバ設定の基礎知識

  • Sun Solaris DHCP サーバ設定の基礎知識

  • Linux DHCP サーバ設定の基礎知識

このドキュメントは、特定のソフトウェアおよびハードウェア バージョンに限定されるものではありません。

こ のドキュメントに記載されている情報は、特定のラボ環境のデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用されているすべてのデバイスは、 クリアされた(デフォルト)設定で開始されます。ネットワークが稼働している場合は、コマンドが与える影響の可能性について十分に理解しておいてくださ い。

ドキュメントの表記規則については、『シスコ テクニカル情報の表記規則』を参照してください。

RFC  2132 には、ベンダー固有のオプションに関連する 2 つの DHCP オプションが定義されています。それらは、オプション 60  およびオプション 43 です。DHCP オプション 60 は、Vendor Class Identifier(VCI; ベンダー  クラス識別子)です。VCI とは、ベンダー デバイスのタイプを一意に識別するテキスト ストリングです。表 1 に、シスコのアクセス ポイントが使用する VCI を示します。

アクセス ポイント

Vendor Class Identifier(VCI; ベンダー クラス識別子)

Cisco Aironet 1000 シリーズ

Airespace.AP1200

Cisco Aironet 1100 シリーズ

Cisco AP c1100

Cisco Aironet 1130 シリーズ

Cisco AP c1130

Cisco Aironet 1200 シリーズ

Cisco AP c1200

Cisco Aironet 1230 シリーズ

Cisco AP c1200

Cisco Aironet 1240 シリーズ

Cisco AP c1240

Cisco Aironet 1250 シリーズ

Cisco AP c1250

Cisco Aironet 1300 シリーズ

Cisco AP c1300

Cisco Aironet 1500 シリーズ

Cisco AP c15001

Cisco AP.OAP15002

Cisco AP.LAP15053

Cisco AP.LAP15104

Cisco AP c1520

Airespace.AP12005

Cisco 3201 Lightweight アクセス ポイント

Cisco Bridge/AP/WGB c3201

Cisco 521 Wireless Express アクセス ポイント

Cisco AP c520

AP801(86x/88x シリーズ ISR に組み込み)

Cisco AP801

Cisco Aironet 3500 シリーズ Cisco AP c3500

このセクションでは、WLAN コントローラの検出を目的として DHCP オプション 43 を使用するために必要な、Microsoft DHCP サーバ設定について説明します。

このセクションでは、Cisco 1000 AP にベンダー固有の情報を返すための Windows DHCP サーバの設定方法を説明します。次の主要情報を把握している必要があります。

  • Vendor Class Identifier(VCI; ベンダー クラス識別子)

  • オプション 43 サブオプション コード

  • WLAN コントローラの管理 IP アドレス

Cisco 1000 シリーズ AP の VCI は、常に Airespace.AP1200 です。前述のように、Cisco 1000 シリーズ アクセス ポイントのオプション 43 サブオプション コードはタイプ  102(0x66)です。この設定例では、Microsoft Management  Console(MMC)ユーティリティを使用します。ただし、DHCP サーバ ユーティリティを使用することもできます。手順はほぼ同様です。

1. VCI Airespace.AP1200 を認識するよう DHCP サーバをプログラムするために、新規のベンダー クラスを作成します。MMC で、DHCP サーバのアイコンを右クリックし、[Define Vendor Classes] を選択します。

dhcp-option-43-1.gif

2. [Add] をクリックして、新しいクラスを作成します。

dhcp-option-43-2.gif

3. [Display Name] に値を入力します。この例では、表示名として Airespace が使用されています。また、[Description] フィールドに、このベンダー クラスの簡単な説明を追加します。ベンダー クラス識別子ストリングを追加します。そのために、[ASCII] フィールドをクリックし、適切な値(この場合は Airespace.AP1200)を入力します。[OK] をクリックします。

dhcp-option-43-3.gif

4. 新しいクラスが作成されます。[Close] をクリックします。

dhcp-option-43-4.gif

5. 新しく作成されたベンダー クラスの [Predefined Options] に、WLAN コントローラ  サブオプションのエントリを追加します。このエントリで、サブオプションのコード タイプと、ベンダー固有の情報を AP  に配信するために使用されるデータ形式を定義します。既定オプションを作成するには、サーバのアイコンを右クリックし、[Set Predefined  Options] を選択します。

dhcp-option-43-5.gif

6. 新しいウィンドウが開きます。[Option class] で、ベンダー クラスに設定した値を設定します。この例では、Airespace です。[Add] をクリックして、オプション コードを定義します。

dhcp-option-43-6.gif

7. [Option Type] ボックスが表示されます。[Name] フィールドに、説明を含むストリング値(Airespace IP のプロビジョニングなど)を入力します。[Data Type] で、[Binary] を選択します。[Code] フィールドに、サブオプション値 102 を入力します。[Description] に説明を入力します(必要な場合)。[OK] をクリックします。

dhcp-option-43-7.gif

8. 新しい既定オプションが表示されます。[OK] をクリックします。これで、コントローラの検出をサポートするために必要なベンダー クラスとサブオプション タイプの作成が完了します。

9. [DHCP] スコープの下の [Server Options] フォルダを右クリックし、[Configure Options] を選択します。

dhcp-option-43-8.gif

10. [Scope Options] ボックスが表示されます。[Advanced] タブをクリックします。使用する予定のベンダー クラス(この場合は Airespace)を選択します。

11. このスコープに割り当てる事前定義済みの 102 サブオプションを選択します。[Data Entry] 領域の [ASCII] セクションに、AP  に戻るためのコントローラ管理 IP アドレスを入力します。これはカンマで区切られたリストです。[Data Entry]  の最初の空の領域には、ピリオド(.)が表示されています。[Data Entry] 領域に追加した IP  アドレスのリストから、このピリオドを削除することを忘れないでください。

dhcp-option-43-9.gif

12. 次に、結果の例を示します。

dhcp-option-43-10.gif

13. このステップを完了すると、DHCP オプション 43 が設定されます。この DHCP オプションは、DHCP  サーバで設定されているすべての DHCP スコープで使用できます。このため、LAP が IP アドレスを要求すると、DHCP サーバは LAP  にもオプション 43 を送信します。

注: WLC での DHCP スコープの作成方法の詳細については、『Creating Scopes on Microsoft 2003 server』を参照してください。leavingcisco.com

 

このセクションでは、他の Lightweight Cisco Aironet シリーズ AP にベンダー固有の情報を返すための、Windows DHCP サーバの設定方法を説明します。次の主要情報を把握している必要があります。

  • Vendor Class Identifier(VCI; ベンダー クラス識別子)

  • オプション 43 サブオプション コード

  • WLAN コントローラの管理 IP アドレス

Lightweight  Cisco Aironet シリーズの AP 用の VCI は、各モデル タイプに固有です。複数の AP モデルをサポートするには、モデル  タイプごとにベンダー クラスを作成する必要があります。Cisco Aironet シリーズ AP のオプション 43 サブオプション  コードはタイプ 241(0xf1)です。

  1. Windows DHCP サーバでこれらのオプションを設定するには、DHCP サーバ管理ツールまたは MMC を開きます。DHCP のルートを右クリックし、[Define Vendor Classes] を選択します。

    dhcp-option-43-1.gif

  2. [DHCP Vendor Classes] ユーティリティが表示されます。[Add] をクリックします。

    dhcp-option-43-11a.gif

  3. [New  Class] 設定ボックスが表示されます。[Display Name] フィールドに値(Cisco Aironet 1130 AP  など)を入力し、適切な説明を入力します。[ASCII] セクションをクリックして、ベンダー  クラス識別子として適切なストリング値を入力します。[OK] をクリックします。次に、[DHCP Vendor Classes] ウィンドウで [Close] をクリックします。

    dhcp-option-43-11.gif

  4. ベンダー クラスに設定された [Predefined Options] に、WLAN コントローラ サブタイプのエントリを追加します。DHCP サーバのルートを右クリックし、[Set Predefined Options] を選択します。

  5. [Option class] フィールドで、新しく作成されたベンダー オプション クラスを選択し、[Add] をクリックします。

  6. [Option Type] ボックスが表示されます。[Name] フィールドに、ストリング値(オプション 43 など)を入力します。[Data Type] で、[IP Address] を選択します。[Array] チェックボックスをオンにします。[Code] フィールドに、サブオプション コード値 241(0xf1)を入力します。[Description] に説明を入力します(必要な場合)。[OK] をクリックします。

    dhcp-option-43-13.gif

  7. これで、DHCP サーバにベンダー オプションとサブオプションがプログラムされます。ここで、AP の DHCP スコープにベンダー固有の情報を定義する必要があります。適切な DHCP スコープを選択します。[Scope Options] を右クリックし、[Configure Options] を選択します。

  8. [Advanced] タブをクリックします。事前に定義したベンダー クラスを選択します。[241 Option 43] チェックボックスをオンにし、各 WLC 管理インターフェイスの IP アドレスを入力します。[Apply] をクリックします。

    dhcp-option-43-14.gif

  9. こ のステップを完了すると、DHCP オプション 43 が設定されます。この DHCP オプションは IP アドレスです。DHCP サーバは LAP にもオプション 43 を送信します。これは、新しく作成した DHCP スコープ(Cisco)に使用できる DHCP オプション 43 の例です。

    dhcp-option-43-15.gif

    注: Lightweight Cisco Aironet AP タイプごとに、ベンダー クラスとサブオプションを定義する必要があります。

Cisco IOS DHCP サーバは DHCP アドレス プールごとに 1 つのデバイス タイプのオプション 43  定義を受け入れるため、各 DHCP アドレス プールに対して 1 つの AP タイプだけがサポートされます。組み込み型の Cisco IOS  DHCP サーバで Lightweight Cisco Aironet アクセス ポイントに DHCP オプション 43  を設定するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco IOS Command Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)で、コンフィギュレーション モードを開始します。

  2. 必要なパラメータ(デフォルト ルータやサーバ名など)を含む DHCP プールを作成します。次に DHCP スコープの例を示します。

    ip dhcp pool <pool name>
    network <ip network> <netmask>
    default-router <default-router IP address>
    dns-server <dns server IP address>
  3. 次の構文を使用して、オプション 60 行を追加します。

    option 60 ascii "VCI string of the AP"

    注: 可 能であれば、VCI の指定なしに DHCP オプション 43 をそのまま使用することは避けてください。DHCP オプション 43  をそのまま使用すると、DHCP サーバは、各 DHCP スコープのベンダー固有の情報に対して 1 つのデバイス  タイプをサポートするように制限されます。また、値がデバイスに関連するかどうかに関係なく、すべての DHCP クライアントが DHCP Offer  内のオプション 43 値を受信します。

  4. VCI ストリングについては、表 1 の値を使用してください。引用符を含める必要があります。

  5. 次の構文を使用して、オプション 43 行を追加します。

    option 43 hex <hexadecimal string> 

    ステップ 4 の 16 進数ストリングは、オプション 43 サブオプションの TLV 値のシーケンス「Type + Length + Value」としてアセンブルされます。Type は、常にサブオプションコード 0xf1 です。Length は、コントローラの管理 IP アドレスの数に 4 を掛けた数の 16 進表記です。Value は、順にリストされたコントローラの IP アドレスの 16 進表記です。

    た とえば、管理インターフェイス IP アドレス 192.168.10.5 と 192.168.10.20 を持つ 2  台のコントローラがあるとします。Type は、0xf1 です。Length は、2 * 4 = 8 = 0x08 になります。IP  アドレスは、c0a80a05(192.168.10.5)と  c0a80a14(192.168.10.20)に変換されます。このストリングがアセンブルされると、f108c0a80a05c0a80a14  になります。DHCP スコープに追加される Cisco IOS コマンドは、次のようになります。

    option 43 hex f108c0a80a05c0a80a14

Cisco IOS DHCP サーバは DHCP アドレス プールごとに 1 つのデバイス タイプのオプション 43 定義を受け入れるため、各 DHCP アドレス プールに対して 1 つの AP タイプだけがサポートされます。

組み込み型の Cisco IOS DHCP サーバで Lightweight Cisco Aironet アクセス ポイントに DHCP オプション 43 を設定するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco IOS CLI で、コンフィギュレーション モードを開始します。

  2. 必要なパラメータ(デフォルト ルータやサーバ名など)を含む DHCP プールを作成します。次に DHCP スコープの例を示します。

    ip dhcp pool <pool name>
    network <ip network> <netmask>
    default-router <default-router IP address>
    dns-server <dns server IP address>
  3. 次の構文を使用して、オプション 60 行を追加します。

    option 60 ascii "Airespace.AP1200"

    引用符を含める必要があります。

  4. 次の構文を使用して、オプション 43 行を追加します。

    option 43 ascii "Comma separated IP address list"

    注: 引用符を含める必要があります。Cisco 1000 シリーズ アクセス ポイントの Cisco IOS DHCP サーバでは、サブオプション値を定義する必要はありません。

    た とえば、Cisco 1000 シリーズ AP のオプション 43 にコントローラ IP 管理の IP アドレス 192.168.10.5 と  192.168.10.20 を定義する場合は、Cisco IOS の CLI で DHCP プールに次の行を追加します。

    option 43 ascii "192.168.10.5,192.168.10.20"

注: WLAN  コントローラの管理インターフェイスを使用する必要があります。Cisco IOS DHCP サーバでは DHCP プールごとに 1  つのオプション 43 に制限されるため、1 つのアクセス ポイント タイプに対して 1 つの DHCP スコープだけを設定できます。

このセクションでは、Lightweight Cisco Aironet シリーズ AP にベンダー固有の情報を返すための Sun Solaris DHCP サーバの設定方法を説明します。

allow bootp;
option space Cisco_LWAPP_AP;
option Cisco_LWAPP_AP.server-address code 43 = string;

subnet 192.168.10.0 netmask 255.255.255.0 {
     authoritative;
     option routers 192.168.10.1;
     option subnet-mask 255.255.255.0;
     option domain-name "cisco.com";
     option domain-name-servers 192.168.10.2, 192.168.10.3;
     range dynamic-bootp 192.168.10.11 192.168.10.254;
     default-lease-time 86400;



!--- This section provides for legacy
!--- APs--substitute the IP addresses in text



class "Airespace 1200" {
match if option vendor-class-identifier = "Airespace 1200";
option vendor-class-identifier "Airespace 1200";
vendor-option-space Cisco_LWAPP_AP;
option Cisco_LWAPP_AP.server-address "192.168.10.5"; }

class "Airespace.AP1200" {
match if option vendor-class-identifier = "Airespace.AP1200";
option vendor-class-identifier "Airespace 1200";
vendor-option-space Cisco_LWAPP_AP;
option Cisco_LWAPP_AP.server-address "192.168.10.5"; }


!--- This section provides for APs converted to LWAPP and Cisco LAP models.
!--- Cisco Aironet APs use the type-length-value (TLV) format for DHCP
!--- Option 43. DHCP servers must be programmed to return the option based
!--- on the APs DHCP Vendor Class Identifier (VCI) string (DHCP Option 60).
!--- The format of the TLV block is:
!--- Type: 0xf1 (decimal 241)
!--- Length: Number of controller IP addresses * 4 = 1*4 = 4 (or 0x04)
!--- Value: List of WLC Management interface IP addresses converted to hex
!--- These samples show 1 controller IP Managementaddress,
!--- 192.168.10.5 (or c0:a8:0a:05)



class "Cisco AP c1200" {
match if option vendor-class-identifier = "Cisco AP c1200";
option vendor-class-identifier "Cisco AP c1200";
vendor-option-space Cisco_LWAPP_AP;
option Cisco_LWAPP_AP.server-address f1:04:c0:a8:0a:05; }


class "Cisco AP c1130" {
match if option vendor-class-identifier = "Cisco AP c1130";
option vendor-class-identifier "Cisco AP c1130";
vendor-option-space Cisco_LWAPP_AP;
option Cisco_LWAPP_AP.server-address f1:04:c0:a8:0a:05; }

class "Cisco AP c1240" {
match if option vendor-class-identifier = "Cisco AP c1240";
option vendor-class-identifier "Cisco AP c1240";
vendor-option-space Cisco_LWAPP_AP;
option Cisco_LWAPP_AP.server-address f1:04:c0:a8:0a:05; }
}

このセクションでは、Lightweight Cisco Aironet シリーズ AP にベンダー固有の情報を返すための Linux ISC サーバの設定方法を説明します。

ddns-update-style interim;
allow bootp;

     option space Cisco_LWAPP_AP;
      option Cisco_LWAPP_AP.server-address code 241 = array of ip-address;
        subnet 192.168.247.0 netmask 255.255.255.0 {
          authoritative;
          option routers 192.168.247.1;
          option subnet-mask 255.255.255.0;
          option domain-name "cisco.com";
          option domain-name-servers 192.168.247.2, 192.168.247.3;
          range dynamic-bootp 192.168.247.11 192.168.247.254;
          default-lease-time 300;


class "Cisco-AP-c1140" {

       match if option vendor-class-identifier = "Cisco AP c1140";
       option vendor-class-identifier "Cisco AP c1140";
       vendor-option-space Cisco_LWAPP_AP;
       option Cisco_LWAPP_AP.server-address 192.168.247.5; }


class "Cisco AP c1200" {

   match if option vendor-class-identifier = "Cisco AP c1200";
   option vendor-class-identifier "Cisco AP c1200";
   vendor-option-space Cisco_LWAPP_AP;
   option Cisco_LWAPP_AP.server-address 192.168.247.55; }

 
class "Cisco AP c1130" {

   match if option vendor-class-identifier = "Cisco AP c1130";
   option vendor-class-identifier "Cisco AP c1130";
   vendor-option-space Cisco_LWAPP_AP;
   option Cisco_LWAPP_AP.server-address 192.168.247.5; }

 
class "Cisco AP c1240" {

   match if option vendor-class-identifier = "Cisco AP c1240";
   option vendor-class-identifier "Cisco AP c1240";
   vendor-option-space Cisco_LWAPP_AP;
   option Cisco_LWAPP_AP.server-address 192.168.247.5; }

  
}

Cisco Network Registrar DHCP サーバは、ベンダー固有の属性をサポートします。ただし、これらの属性はグラフィカル インターフェイスでは設定できません。CLI を使用する必要があります。

DHCP オプション 43 で L3-LWAPP ディスカバリをサポートするには、次の設定手順を実行します。

注: CLI コマンド ツールはネットワーク レジストラ ディレクトリ(C:\Program Files\Network Registrar\BIN\nrcmd.bat )にあります。

  1. DHCP サーバにログインします。次の手順を実行します。

    username: admin
    password:
    100 Ok
    session:
        cluster = localhost
        default-format = user
        user-name = admin
        visibility = 5
    nrcmd>
  2. Cisco AP1000 シリーズ AP 用のベンダー クラス識別子を作成します。

    nrcmd> vendor-option airespace create Airespace.AP1200
    100 Ok
    airespace:
        name = airespace
        read-only = disabled
        vendor-class-id = Airespace.AP1200

    Cisco AP1200 シリーズ AP 用のベンダー クラス識別子を作成します。

    nrcmd> vendor-option aironet1200 create "Cisco AP c1200"
    100 Ok
    aironet1200:
        name = aironet
        read-only = disabled
        vendor-class-id = “Cisco AP c1200”

    注: 他のモデルの LAP については、vendor-class-id パラメータを表 1 の VCI ストリングで置き換えてください。

  3. オプション 60 が Airespace.AP1200 に設定された要求を受信したときに、サーバが DHCP Offer で送信できる値を関連付けます。DHCP オプション 43  では、同じオプション 43 フィールドで複数の値をサポートできます。これらのオプションは、サブタイプによって個別に識別されている必要があります。

    この場合は、サブタイプなしで、値を 1 つだけ指定する必要があります。ただし、CNR 設定では、サブタイプ オプションを次のように作成する必要があります。

    Cisco AP1000 シリーズ AP の場合:

    nrcmd>vendor-option airespace definesuboption controller_ip 1 BYTE_ARRAY 
    no-suboption-opcode,no-suboption-len
    100 Ok
        controller_ip(1) : byte_array(no-suboption-opcode,no-suboption-len)

    Cisco AP1200 シリーズ AP の場合

    nrcmd>vendor-option aironet1200 definesuboption controller_ip 241 IPADDR_ARRAY
    100 Ok
        Controller_ip(241) : ipaddr_array
    100 Ok
    vendor-option aironet1200 enable read-only
    100 Ok
    read-only=enabled
    nrcmd>policy system_default_policy setVendorOption aironet1200
    controller_ip 1.2.3.4,2.3.4.5
    100 Ok
    aironet1200 controller_ip[0](241) IPADDR_ARRAY(1) = 1.2.3.4,2.3.4.5
  4. し かし、サブタイプ機能を隠し、IP 値を持つ行ストリング(BYTE_ARRAY)だけを送信するために、CNR はサブタイプの ID  と長さを削除する特定のフラグをサポートしています。これらのフラグは、no-suboption-opcode と no-suboption-len  です。

    Cisco AP1000 シリーズ AP の場合:

    nrcmd>vendor-option list
    100 Ok
    airespace:
        name = airespace
        read-only = disabled
        vendor-class-id = Airespace.AP1200

    nrcmd> vendor-option airespace listsuboptions
    100 Ok
        controller_ip(241) : byte_array(no-suboption-opcode,no-suboption-len)

    Cisco AP1200 シリーズ AP の場合:

    nrcmd>vendor-option list
    100 Ok
    airespace:
        name = aironet1200
        read-only = enabled
        vendor-class-id = aironet1200

    nrcmd>vendor-option aironet1200 listsuboptions
    100 Ok
        controller_ip(241) : ipaddr_array(no-suboption-opcode,no-suboption-len)
  5. 次のように、DHCP プールに基づいて値を関連付けます。

    Cisco AP1000 シリーズ AP の場合:

    nrcmd>policy VLAN-52 setvendoroption airespace controller_ip 
    31:30:2E:31:35:30:2E:31:2E:31:35:2C:31:30:2E:31:35:30:2E:35:30:2E:31:35:2C
    100 Ok
    airespace controller_ip[0](1) BYTE_ARRAY(1) =
    31:30:2e:31:35:30:2e:31:2e:31:35:2c:31:30:2e:31:35:30:2e:35:30:2e:31:35:2c

    Cisco AP1200 シリーズ AP の場合:

    nrcmd>policy system_default_policy setVendorOption aironet1200 
    controller_ip 1.2.3.4,2.3.4.5
    100 Ok
    aironet1200 controller_ip[0](241) IPADDR_ARRAY(1) = 1.2.3.4,2.3.4.5

    この例では、Airespace.AP1200 デバイスから要求を受け取ると、グラフィカル インターフェイスによって CNR 内にすでに定義されている VLAN-52 という名前の DHCP プールが、オプション 43 10.150.1.15,10.150.50.15 で設定されます。

    注: 31:30:2e:31:35:30:2e:31:2e:31:35:2c:31:30:2e:31:35:30:2e:35:30:2e:31:35:2c は、ストリング 10.150.1.15,10.150.50.15 の 16 進表記です。

  6. 最後に、DHCP 設定を保存して、リロードします。

    nrcmd>save
    100 Ok
    nrcmd>dhcp reload
    100 Ok
    nrcmd>exit

Cisco CNR DHCP サーバでのベンダー オプション設定の詳細については、『高度な DHCP サーバ プロパティの管理』を参照してください。

このセクションでは、Lightweight Cisco Aironet シリーズ AP にベンダー固有の情報を返すための Lucent QIP DHCP サーバの設定方法に関するヒントをいくつか紹介します。

注: 詳細情報と関連手順については、ベンダーから提供されているドキュメントを参照してください。

DHCP オプション 43 には、ベンダー固有の情報を含めることができます。DHCP サーバは、この情報(16 進数ストリング形式)を、DHCP Offer を受信するクライアントに渡します。

Lucent QIP DHCP サーバでは、ベンダー固有情報は [DHCP Option Template- Modify] ページに表示できます。この画面の右側には、[Active Options] が表示されます。次のように、[Vendor Specific Options] を選択し、[Value] フィールドに情報を入力します。

Lucent-DHCP.gif

DHCP オプション 43 メッセージにコントローラの IP アドレスを含めるには、QIP の DHCP オプション テンプレートに単一の 16 進値 [ip hex] として情報を入力します。

DHCP オプション 43 を使用して複数の IP アドレスを送信するには、QIP の DHCP オプション テンプレートに、[ip hex],[ip hex] ではなく、単一の 16 進値 [ip hex ip hex] として情報を入力します。この場合、中間のカンマが原因で、QIP から渡されるストリングを DHCP が解析するときに問題が発生します。

た とえば、管理インターフェイス IP アドレス 192.168.10.5 と 192.168.10.20 を持つ 2  台のコントローラがあるとします。Type は、0xf1 です。Length は、2 * 4 = 8 = 0x08 になります。IP  アドレスは、c0a80a05(192.168.10.5)と  c0a80a14(192.168.10.20)に変換されます。このストリングがアセンブルされると、f108c0a80a05c0a80a14  になります。Lucent QIP DHCP サーバでは、DHCP スコープに追加する必要のある 16 進数ストリングは次のようになります。

[f108c0a80a05c0a80a14]

16 進数ストリングは角カッコで囲まれている必要があります。この角カッコは必須です。この値を反映するように DHCP オプション 43 を修正すると、LAP はコントローラを検出して登録できるようになります。

このセクションでは、設定の確認について説明します。

コ ンソール ポートを備えた 1130/1200/1230/1240 シリーズ LAP を使用している場合は、DHCP IP アドレスの割り当て中に  WLC IP アドレスが LAP に提供されることを確認できます。次の例は Cisco 1230 シリーズ LAP からのサンプル出力です。

*Mar  1 00:00:17.497: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Dot11Radio1, changed state to down
*Mar  1 00:00:17.898: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Dot11Radio0, changed state to down
*Mar  1 00:00:25.352: %DOT11-6-FREQ_USED: Interface Dot11Radio0, frequency 2447 selected
*Mar  1 00:00:25.353: %LINK-3-UPDOWN: Interface Dot11Radio0, changed state to up
*Mar  1 00:00:26.352: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Dot11Radio0, changed state to up
*Mar  1 00:00:29.440: %LWAPP-5-CHANGED: LWAPP changed state to DISCOVERY
*Mar  1 00:00:29.475: %LINK-5-CHANGED: Interface Dot11Radio0, changed state to reset
*Mar  1 00:00:29.704: %LINK-3-UPDOWN: Interface Dot11Radio1, changed state to up
*Mar  1 00:00:30.121: Logging LWAPP message to 255.255.255.255.

%SYS-6-LOGGINGHOST_STARTSTOP: Logging to host 255.255.255.255 started - CLI initiated
%LINK-3-UPDOWN: Interface Dot11Radio0, changed state to up
%LINK-5-CHANGED: Interface Dot11Radio1, changed state to reset
%LINK-3-UPDOWN: Interface Dot11Radio1, changed state to up
%LINK-5-CHANGED: Interface Dot11Radio0, changed state to reset
%LINK-3-UPDOWN: Interface Dot11Radio0, changed state to up
%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Dot11Radio1, changed state to up
Translating "CISCO-LWAPP-CONTROLLER"...domain server (255.255.255.255)
%DHCP-6-ADDRESS_ASSIGN: Interface FastEthernet0 assigned DHCP address 20.0.0.6, mask 255.0.0.0, hostname AP001b.d4e3.a81b
%LWAPP-3-CLIENTEVENTLOG: Controller address 192.168.10.5 obtained through DHCP
%LWAPP-3-CLIENTEVENTLOG: Controller address 192.168.10.5 obtained through DHCP

Cisco IOS DHCP サーバを使用している場合は、show ip dhcp binding コマンドを発行して、DHCP クライアントに割り当てられている DHCP アドレスのリストを表示します。次に例を示します。

2800-ISR-TSWEB#show ip dhcp binding

Bindings from all pools not associated with VRF:
IP address          Client-ID/              Lease expiration        Type
                    Hardware address/
                    User name
192.168.25.1        000b.855b.fbd0          Jun 29 2007 11:49 AM    Automatic

WLC CLI では、show ap summary コマンドを発行して、WLC に登録されている AP を確認できます。次に例を示します。

    ((Cisco Controller) >show ap summary

    AP Name        Slots  AP Model   Ethernet MAC       Location          Port
    -------------  -----  ---------  -----------------  ----------------  ----
    ap:5b:fb:d0    2      AP1010     00:0b:85:5b:fb:d0  default_location  1

ワイヤレス LAN を設定している場合は、show client summary コマンドを発行して、WLC に登録されているクライアントを確認できます。

(Cisco Controller) >show client summary

    Number of Clients................................ 1

    MAC Address        AP Name        Status         WLAN  Auth  Protocol  Port
    -----------------  -------------  -------------  ----  ----  --------  ----
    00:40:96:a1:45:42  ap:64:a3:a0    Associated     4     Yes   802.11a   1と

このセクションでは、設定のトラブルシューティングについて説明します。

DHCP サーバとクライアント間で発生するイベントの順序を確認するには、WLC で debug dhcp message enable コマンドを発行します。次に例を示します。

(Cisco Controller) >Thu Jun 28 17:07:53 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcp option len, 
    including the magic cookie = 38
Thu Jun 28 17:07:53 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcp option: received DHCP DISCOVER msg
Thu Jun 28 17:07:53 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcp option: skipping option 57, len 2
Thu Jun 28 17:07:53 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcp option: skipping option 55, len 6
Thu Jun 28 17:07:53 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcp option:
    vendor class id = Airespace.AP1200 (len 16)

Thu Jun 28 17:07:53 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcpParseOptions: options end,
    len 38, actual 64
Thu Jun 28 17:07:53 2007: dhcpd: sending 300 bytes raw  
    0.0.0.0:68 -> 10.77.244.212:1067
Thu Jun 28 17:07:53 2007: dhcpd: Received 300 byte dhcp packet
    from 0xd4f44d0a 10.77.244.212:68
Thu Jun 28 17:07:58 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcp option len, including
    the magic cookie = 50
Thu Jun 28 17:07:58 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcp option: received DHCP REQUEST msg
Thu Jun 28 17:07:58 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcp option: requested ip = 192.168.25.1
Thu Jun 28 17:07:58 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcp option: server id = 192.168.25.10
Thu Jun 28 17:07:58 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcp option: skipping option 57, len 2
Thu Jun 28 17:07:58 2007: 00:0b:85:5b:fb:d0 dhcp option: skipping option 55, len 6

次は、WLC からの debug lwapp packet enable コマンドの出力です。WLC IP アドレスを検出するためのディスカバリ方法として、DHCP オプション 43 が使用されていることを示しています。

Thu Jun 28 17:51:47 2007: Received LWAPP DISCOVERY REQUEST from AP 00:0b:85:5b:fb:d0 
    to 00:0b:85:33:84:a0 on port '1'
Thu Jun 28 17:51:47 2007: Successful transmission of LWAPP Discovery-Response
    to AP 00:0b:85:5b:fb:d0 on Port 1
Thu Jun 28 19:22:39 2007: Start of Packet
Thu Jun 28 19:22:39 2007: Ethernet Source MAC (LRAD):      00:D0:58:AD:AE:CB
Thu Jun 28 19:22:39 2007: Msg Type       :
Thu Jun 28 19:22:39 2007:    DISCOVERY_REQUEST
Thu Jun 28 19:22:39 2007: Msg Length     :   31
Thu Jun 28 19:22:39 2007: Msg SeqNum     :   0
Thu Jun 28 19:22:39 2007:
         IE            :  UNKNOWN IE 58
Thu Jun 28 19:22:39 2007:      IE Length     :   1
Thu Jun 28 19:22:39 2007:      Decode routine not available, Printing Hex Dump
Thu Jun 28 19:22:39 2007: 00000000: 03                                                .
Thu Jun 28 19:22:39 2007:

IE 58 パラメータの値は、ディスカバリのタイプを示します。DCHP オプション 43 の場合は 3 です。

ルータで Cisco IOS DHCP サーバを使用している場合は、debug dhcp detail コマンドと debug ip dhcp server events コマンドを発行して、DHCP クライアントとサーバのアクティビティを確認できます。debug ip dhcp server events コマンドの例を次に示します。

*Jun 28 11:49:33.107: DHCPD: Sending notification of DISCOVER:
*Jun 28 11:49:33.107:   DHCPD: htype 1 chaddr 000b.855b.fbd0
*Jun 28 11:49:33.107:   DHCPD: remote id 020a0000c0a8190a01000000
*Jun 28 11:49:33.107:   DHCPD: circuit id 00000000
*Jun 28 11:49:33.107: DHCPD: Seeing if there is an internally specified pool class:
*Jun 28 11:49:33.107:   DHCPD: htype 1 chaddr 000b.855b.fbd0
*Jun 28 11:49:33.107:   DHCPD: remote id 020a0000c0a8190a01000000
*Jun 28 11:49:33.107:   DHCPD: circuit id 00000000
*Jun 28 11:49:38.603: DHCPD: Sending notification of ASSIGNMENT:
*Jun 28 11:49:38.603:  DHCPD: address 192.168.25.1 mask 255.255.255.0
*Jun 28 11:49:38.603:   DHCPD: htype 1 chaddr 000b.855b.fbd0
*Jun 28 11:49:38.603:   DHCPD: lease time remaining (secs) = 86400
*Jun 28 11:49:38.607: DHCPD: Sending notification of ASSIGNMENT:
*Jun 28 11:49:38.607:  DHCPD: address 192.168.25.1 mask 255.255.255.0
*Jun 28 11:49:38.607:   DHCPD: htype 1 chaddr 000b.855b.fbd0
*Jun 28 11:49:38.607:   DHCPD: lease time remaining (secs) = 86400

show ip dhcp binding コマンドを発行して、DHCP クライアントに割り当てられている DHCP アドレスのリストを表示します。

2800-ISR-TSWEB#show ip dhcp binding

Bindings from all pools not associated with VRF:
IP address          Client-ID/              Lease expiration        Type
                    Hardware address/
                    User name
192.168.25.1        000b.855b.fbd0          Jun 29 2007 11:49 AM    Automatic

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

DOC-9323