シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

CT5760 ワイヤレス LAN コントローラでの HA 構成構築方法

はじめに

CT5760 ワイヤレス LAN コントローラ(WLC)では ハイ アベイラビリティ(HA)機能をサポートしていますが、
Cisco IOS-XE を搭載した新しいコントローラでこれまでの製品とは設定方法が異なるため、
HA ペアを形成するまでの基本的な設定方法を紹介します。

 

前提条件

Cisco IOS-XE 3.3 が動作する CT5760 を2台使用した Box to Box(1対1)の HA 構成を前提としています。

 

使用コンポーネント:

  • プライマリ WLC (AIR-CT5760-X-K9) × 1台
  • セカンダリ WLC (AIR-CT5760-HA-K9) × 1台
  • スタックケーブル × 2本

※ セカンダリ WLC には HA-SKU(HA 専用型式)を使用していますが、HA-SKU でなくても HA 構成を組むことができます。

 

スタックポートを使用した HA 接続

CT5760 では HA を構成する際に WLC 間をスタック接続する必要があります(StackWise-480 technology)。

 

設定と確認方法

1. HA を設定する WLC 間をスタック接続する前に、事前準備を行います。

  • WLC にイメージをダウンロードしておきます。
     
  • スタックメンバ番号を設定します。(オプショナル)

  Catalyst スイッチと同様に、スタック内のメンバーはスタックメンバ番号により識別され、
  この番号によりスタックメンバが使用するインタフェースレベルが決定します。
  WLC のデフォルトのスタックメンバ番号は 1 に設定されています。 
  新規 WLC がスタックに加わると、デフォルトのスタックメンバ番号はスタック内で利用可能な
  最少の番号に自動的に変更されます。
  そのため事前設定は不要ですが、WLC を移設する場合等は必要に応じてスタックメンバ番号を
  変更してください。

  スタックメンバ番号を表示するには、show switch コマンドを使用します。

  CT5760#show switch
  Switch/Stack Mac Address : 68bc.0c5a.5800 - Local Mac Address
  Mac persistency wait time: Indefinite
                                             H/W   Current
  Switch#   Role    Mac Address     Priority Version  State
  ------------------------------------------------------------
  *1       Active   68bc.0c5a.5800     1      A0      Ready


  スタックメンバ番号を変更するには、switch <current stack member number> renumber <new stack member number> コマンドを使用します。
  設定を有効にするには再起動が必要となります。

  CT5760#switch 1 renumber 2
  WARNING: Changing the switch number may result in a configuration change for that switch.  
  The interface configuration associated with the old switch number will remain as a provisioned configuration.
  Do you want to continue?[y/n]

 

  • スタックプライオリティ値を設定します。(オプショナル)

  WLC のデフォルトのスタックプライオリティ値は 1 に設定されています。
  プライオリティ値が高いスタック メンバが、HA Active として優先されるため、
  プライマリ WLC のプライオリティを高く設定することが推奨されています。

  プライオリティ値を変更するには、switch <current stack member number> priority <priority value> コマンドを使用します。
  設定はすぐに適用されますが、現在のスタックの状態には影響せず、次回の Active 選定時に利用されます。

  CT5760-C#switch 1 priority 15
  WARNING: Changing the switchpriority may result in a configuration change for that switch.
  Do you want to continue?[y/n]

 

2. WLC 間をスタック接続後、プライマリ WLC が起動してからセカンダリ WLC を起動します。

   ※ スタックプライオリティ値が同等の場合に、両方の WLC を同時に起動すると、
       ともに HA Active として動作しようとするので、必ずプライマリ WLC が起動してから
       セカンダリ WLC の電源を入れるようにします。

   しばらくするとセカンダリ WLC がスタックに加わりスタックメンバーとして識別されます。

   CT5760#show switch
   Switch/Stack Mac Address : 68bc.0c5a.5800 - Local Mac Address
   Mac persistency wait time: Indefinite
                                             H/W   Current
   Switch#   Role    Mac Address     Priority Version  State
  ------------------------------------------------------------
   *1       Active   68bc.0c5a.5800     1      A0      Ready
<<< プライマリ WLC
    2       Member   68bc.0c5a.9600     1      A0      Ready <<< セカンダリ WLC


  その後 HA ペアが形成され、プライマリ WLC は HA Active、セカンダリ WLC は HA Standby として識別されて設定が同期されます。

   CT5760#show redundancy states
            my state = 13 -ACTIVE
          peer state =  8 -STANDBY HOT
                Mode = Duplex
             Unit ID = 1

     Redundancy Mode (Operational) = SSO
      Redundancy Mode (Configured) = SSO
                  Redundancy State = SSO
                         Manual Swact = enabled

      Communications = Up

        client count = 80
      client_notification_TMR = 360000 milliseconds
               keep_alive TMR = 9000 milliseconds
             keep_alive count = 0
         keep_alive threshold = 9
                RF debug mask = 0

 

3. プライマリ WLC の設定と、セカンダリ WLC への設定の同期が完了したら、物理ポートのケーブリングを実施します。

 

セカンダリ WLC へのコンソールアクセスを有効にする

通常はスタンバイ WLC へのコンソールはアクセス不可ですが、下記設定をすることでアクセス可能となります。

CT5760-C#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
CT5760-C(config)#service internal
CT5760-C(config)#redundancy
CT5760-C(config-red)#main-cpu
CT5760-C(config-r-mc)#standby console enable
CT5760-C(config-r-mc)#end
Apr 22 13:00:39.261: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
CT5760-C#
CT5760-C#session standby ios

CT5760-C-stby>show switch
Switch/Stack Mac Address : 68bc.0c5a.5800 - Local Mac Address
Mac persistency wait time: Indefinite
                                             H/W   Current
Switch#   Role    Mac Address     Priority Version  State
------------------------------------------------------------
 1       Active   68bc.0c5a.5800     1      A0      Ready
*2       Standby  68bc.0c5a.9600     1      A0      Ready

CT5760-C-stby>exit

CT5760-C#

 

関連情報

Cisco 5700 Series Wireless LAN Controllers
CT 5760 High Availability AP SSO Deployment Guide, Cisco IOS XE Release 3.3
http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/wireless/controller/technotes/5700/software/release/ios_xe_33/5760_HA_DG_iosXE33.html

High Availability Configuration Guide, Cisco IOS XE Release 3SE (Cisco WLC 5700 Series)
Managing Controller Stacks
http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/wireless/controller/5700/software/release/3se/ha/configuration_guide/b_ha_3se_5700_cg/b_ha_3se_5700_cg_chapter_011.html

1183
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント