シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

HA 構成の AireOS WLC がスイッチオーバーした原因を確認する

本ドキュメントでは HA(High Availability)構成を組んでいる AireOS WLC がスイッチオーバーした場合の原因を確認する方法を紹介します。


スイッチオーバーが発生した場合、
"show redundancy detail"コマンドにてその原因が確認できます。

(5508a) >show redundancy detail

Redundancy Management IP Address................. 172.22.175.13

Peer Redundancy Management IP Address............ 172.22.175.11

Redundancy Port IP Address....................... 169.254.175.13

Peer Redundancy Port IP Address.................. 169.254.175.11

Peer Service Port IP Address..................... 4.4.4.4

Switchover History[1]:

Previous Active = 172.22.175.11, Current Active = 172.22.175.13

Switchover Reason = Active controller failed, Switchover Time = Fri Aug 14 09:30:57 2015

Redundancy Timeout Values.....:

----------------------------------------------------

Keep Alive Timeout    : 100 msecs

Peer Search Timeout   : 120 secs

「Switchover History」ではどのWLCからどのWLCに切り替わったのか、その理由と、発生時刻がログとして残っています。

主な 「Switchover Reason」としては以下のものがあります。

  • User initiated
    • WLCを手動リセットした
    • 手動で Switchoverさせた
  • Active controller failed
    • Active WLC がクラッシュした
    • Standby WLC と Active WLC の疎通が失われた
  • Default gateway is not reachable
    • Active WLC から Default GW への疎通が失われた
  • Not known
    • 原因不明

57
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント