キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

LAP (集中管理型 AP) の Coredump の取得方法

     

     
     

    まえがき

    LAP のクラッシュの解析には、Crashinfo ファイルの他にクラッシュ発生時に生成された Coredump ファイルの解析が必要な場合があります。 Coredump を生成させるための設定はデフォルトで Disable のため、クラッシュ発生前にあらかじめ設定をする必要があります。また、Coredump のファイルの容量が大きく、LAP の内部に保存することができないため、TFTP または FTP サーバをご準備頂く必要があります。

     

    Coredump ファイルを TFTP サーバにアップロードするための設定

    1. TFTP サーバ をご準備下さい
    2. LAP から TFTP サーバへの ping 疎通を確認して下さい
    3. WLC の CLI で、下記コマンドを投入し AP の Coredump が TFTP サーバで取得できるように設定します

     
    (Cisco Controller) >config ap core-dump enable <TFTP Server IP address> coredump uncompress <AP Name>
     

    WLC に帰属している全ての AP に設定を反映させたい場合は、< AP Name > を all として下さい。

    4. アクセスポイントでクラッシュが発生した後、TFTP サーバに生成されている Coredump ファイルの取得をして下さい。
     

    Coredump ファイルを FTP サーバにアップロードするための設定

    1. FTP サーバをご準備下さい
    2. LAP から FTP サーバへの ping 疎通を確認して下さい。
    3. LAP の CLI で下記のコマンドを投入し、AP の Coredump が FTP サーバで取得できるように設定します

     
    LAP#debug capwap console cli
    LAP#configure terminal
    LAP(config)#ip ftp username <username>
    LAP(config)#ip ftp password <password>
    LAP(config)#exception core-file <corefile name>
    LAP(config)#exception protocol ftp
    LAP(config)#exception dump <server ip>
    LAP(config)#end
    LAP#undebug all
     
    4. アクセスポイントでクラッシュが発生した後、FTP サーバに生成されている Coredump ファイルを取得して下さい。

     

    ※ AP の再起動後、FTP サーバ 関連の設定は消えてしまいますので、再設定をお願いします。

    バージョン履歴
    改訂番号
    2/2
    最終更新:
    ‎09-01-2017 02:58 AM
    更新者: