シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Lightweight APを WLCへ Joinさせる手順 (CLI)

 

 

 

 

 

APを WLCに帰属させる方法は複数ありますが、

の場合は、APを WLCに Joinさせるために CLI 操作必要ありません。


このドキュメントでは、IOSで稼働する Lightweight AP を WLC に帰属(Join)させる手順の内、CLI による静的設定の手順を紹介します。

 

 




 

 

 

事前準備

 

 

  1. シリアル・コンソール・ケーブルを APのコンソール・ポートに接続 します。過去に WLCへ Joinしたことのある AP で Telnet/SSHが有効な場合は Telnet/SSH経由でのログインでも結構です。
  2. enable モードに遷移します。

 

 

APb0fa.ebb8.d2d6>
APb0fa.ebb8.d2d6>enable
Password:  Cisco                  <-- 工場出荷状態の場合のデフォルト
APb0fa.ebb8.d2d6#

 

 





 

 

APが工場出荷状態の場合

 

APが過去に WLCへ Join したことが無い場合、Recovery IOS が稼働しています。Recovery IOS はイメージ名に RCVK9W8 という文字列を含んでいます。

 

 

APb0fa.ebb8.d2d6#sh version | include IOS
Cisco IOS Software, C1600 Software (AP1G2-RCVK9W8-M), Version 15.3(3)JC, RELEASE SOFTWARE (fc1)

 

 

 

この場合は、capwap ap controller ip address コマンドを用いて WLC の management インターフェイスの IPアドレスを指定することで WLCへ Joinさせます。

 

APb0fa.ebb8.d2d6#capwap ap hostname FW06-1602     <-- オプション: APホスト名の変更 (注)


APb0fa.ebb8.d2d6#capwap ap ip address 172.30.240.44 255.255.255.0   <-- APの IPアドレスとサブネットマスク
APb0fa.ebb8.d2d6#capwap ap ip default-gateway 172.30.240.254        <-- APのデフォルト・ゲートウェイ
APb0fa.ebb8.d2d6#capwap ap controller ip address 172.17.122.41      <-- WLC management インターフェイスの IPアドレス

(注: CLIでの APホスト名の変更は古いバージョンでは機能しない場合があります。その場合は APが WLCへ Joinした後に変更してください。)

 

 

IPアドレス設定時に、以下のようなメッセージが表示されますが、無視して結構です。

You should configure Domain and Name Server from controller CLI/GUI.

 

 




 

設定したアドレスは、以下のコマンドのいずれかで確認できます。

実際に APを設置する場所以外で設定を行っている場合は、確認後に設置場所へ配送します。

 


APb0fa.ebb8.d2d6#show capwap ip config

LWAPP Static IP Configuration
IP Address         172.30.240.44
IP netmask         255.255.255.0 
Default Gateway    172.30.240.254
Primary Controller 172.17.122.41 



APb0fa.ebb8.d2d6#more flash:/env_vars | include IOS
IOS_STATIC_CONTROLLER_IP_ADDR=172.17.122.41 
IOS_STATIC_DEFAULT_GATEWAY=172.30.240.254
IOS_STATIC_IP_ADDR=172.30.240.44
IOS_STATIC_NETMASK=255.255.255.0 

 

 

設置場所で設定を行っている場合は WLCへの ping 確認を実施

APb0fa.ebb8.d2d6#ping 172.17.122.41

Type escape sequence to abort.

Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 172.17.122.41, timeout is 2 seconds:

!!!!!

Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/1/1 ms

APb0fa.ebb8.d2d6#

 

 

 

AP設置場所で設定を行っている場合は、そのまま数分待つと APは WLCから Full CAPWAP IOS をダウンロードを開始し、再起動後に Join します (イーサーネット経由での WLCへの到達性が必要)。

 

Full CAPWAP IOS とはイメージ名に K9W8 という文字列を含むもので、WLCに Joinして無線サービスを提供可能な IOSです。

 

 


別の場所で設定を行い、設置場所で APを WLCに Joinさせる場合は、APをスイッチに接続して起動し、Join を待ちます。

 

 

WLC GUI の MONITOR > Access Points > Radios > 802.11a/n/ac  (または802.11b/g/n)ページに APが表示され、Operational StatusUP となっていれば Join は完了です。

 

 

 

 

 




 

 

 

参考: WLCからの Full CAPWAP IOS (k9w8イメージ)のダウンロード〜Joinまでのログ例



examining image...!
extracting info (285 bytes)
Image info:
    Version Suffix: k9w8-.153-3.JC
    Image Name: ap1g2-k9w8-mx.153-3.JC
    Version Directory: ap1g2-k9w8-mx.153-3.JC
    Ios Image Size: 11438592
    Total Image Size: 11971072
    Image Feature: WIRELESS LAN|LWAPP
    Image Family: AP1G2
    Wireless Switch Management Version: 8.2.100.0
MwarVersion:08026400.First AP Supported Version:0703010B.

Image version check passed 

Extracting files...
ap1g2-k9w8-mx.153-3.JC/ (directory) 0 (bytes)

(中略)

New software image installed in flash:/ap1g2-k9w8-mx.153-3.JC
Configuring system to use new image...done.
archive download: takes 185 seconds

*Mar 23 12:14:38.658: AP image integrity check PASSED


*Mar 23 12:14:38.750: image upgrade successfully, system is now reloading
*Mar 23 12:14:38.790: %SYS-5-RELOAD: Reload requested by capwap image download proc. Reload Reason: NEW IMAGE DOWNLOAD.


User Access Verification

Username: Cisco  <-- 再起動後、WLCへの Join前のユーザ名/パスワードは Cisco/Cisco です。
Password: Cisco      Joinした後でのログイン・ユーザ名/パスワードについては下記 (注) を参照


APb0fa.ebb8.d2d6>en
Password:
APb0fa.ebb8.d2d6#
APb0fa.ebb8.d2d6#
*Mar 23 12:17:39.000: %CAPWAP-5-DTLSREQSEND: DTLS connection request sent peer_ip: 172.17.122.41 peer_port: 5246
*Mar 23 12:17:39.315: %CAPWAP-5-DTLSREQSUCC: DTLS connection created sucessfully peer_ip: 172.17.122.41 peer_port: 5246
*Mar 23 12:17:39.315: %CAPWAP-5-SENDJOIN: sending Join Request to 172.17.122.41
*Mar 23 12:17:41.023: %CAPWAP-5-JOINEDCONTROLLER: AP has joined controller CT2504

APb0fa.ebb8.d2d6#show version | i IOS
Cisco IOS Software, C1600 Software (AP1G2-K9W8-M), Version 15.3(3)JC, RELEASE SOFTWARE (fc1)
APb0fa.ebb8.d2d6#

 

(注) APが WLCに Joinした後の APログイン用ユーザ名/パスワードおよび enableパスワードはデフォルトでは Cisco のままです。これらは、WLC GUI の WIRELESS > Access Points > Global Configuration ページの Login Credential で変更可能です (セキュリティ向上のため変更を推奨) 。

 













APが過去に WLCへ Joinしたことがある場合

 

 

過去に WLCへ Joinしたことのある APでは Full CAPWAP IOS (IOSイメージ名に K9W8 が含まれる) が稼働しています。

 

APの IPアドレスや Join先の WLCを CLI で変更するには capwap ap primary-base コマンドを使用します。設定後に APは WLCへの Join を開始します。APで稼働している IOS と WLCのバージョンが一致しない場合は、WLCから新しい IOSがダウンロードされ、新 IOSでの再起動および Join が行われます。

 


APb0fa.ebb8.d2d6#show version | include IOS
Cisco IOS Software, C1600 Software (AP1G2-K9W8-M), Version 15.3(3)JC, RELEASE SOFTWARE (fc1)


APb0fa.ebb8.d2d6#capwap ap hostname FW06-1602  <-- オプション: APホスト名の変更 (注)
Updated AP hostname to FW06-1602.
Please note that if AP is already associated to WLC,     <-- 即時に反映しない旨のメッセージ

the new hostname will only reflect on WLC after AP dis-associates and rejoins.  


APb0fa.ebb8.d2d6#capwap ap ip address 172.30.240.44 255.255.255.0
APb0fa.ebb8.d2d6#capwap ap ip default-gateway 172.30.240.254
APb0fa.ebb8.d2d6#capwap ap primary-base CT2504 172.17.122.41   <-- WLCのホスト名と IPアドレスを指定

 

(注: CLIでの APホスト名の変更は古いバージョンでは機能しない場合があります。その場合は APが WLCへ Joinした後に変更してください。)

 

capwap ap primary-base で設定した内容は、show capwap client config で確認できます。

 

APb0fa.ebb8.d2d6# show capwap client config | include mwar

mwarName                CT2504
mwarIPAddress           172.17.122.41
mwarName               
mwarIPAddress           0.0.0.0
mwarName               
mwarIPAddress           0.0.0.0

 

 

 

3850
閲覧回数
10
いいね!
0
コメント