シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Mobility Express アクセスポイント設定

[toc:faq]




このドキュメントでは、Mobility Express 管理 GUI の ワイヤレス設定 の内、アクセスポイント メニュー説明します。




アクセスポイント管理

ワイヤレス設定 > アクセスポイント メニューを開くと、CAPWAP プロトコルを用いて Mobility Express コントローラに帰属している AP の一覧が表示されます。コントローラとの CAPWAP セッションを確立していない AP は表示されません。

  •  は、VRRP を用いてマスター AP として選出され、AP 上で Mobility Express コントローラ機能が稼働していることを意味しています。
  • AP Mac 欄は Ethernet ポートの MAC アドレスです。
  • アップタイム 欄は AP の起動時間です。CAPWAP セッション確立からの時間ではありません。









AP 設定の編集


 をクリックすると、AP ホスト名などの設定変更ができます。


注 : 以下の図の 一般無線 1 (2.4GHz)無線 2(5GHz) メニューでの AP の設定は、AP に保存されています。これらのメニューでの設定内容は 設定のエクスポート で取得できる config.txt には含まれません。
コントローラ メニューでの設定は Mobility Express コントローラの設定ですので、コントローラ内に保存されています。



一般

  • 動作モード : マスター AP に選出されている場合は APとコントローラ、従属 AP の場合は APのみ と表示されます。
  • AP Mac : AP の Ethernet MAC アドレス
  • AP モデル : AP のモデル名
  • IP 設定 : AP の IP アドレス取得方法変更 (DHCP または 静的設定)
  • IP アドレス/サブネットマスク/デフォルトゲートウェイ :  IP アドレス情報
  • AP 名 : AP のホスト名
  • ロケーション : AP 設置場所についてのコメント



マスター AP が DHCP により IP アドレスを取得している例




従属 AP の内、Mobility Express コントローラになることが可能なもの (型番に K9C が含まれるもの) は、動作モード欄に Make me Controller が表示されています。これをクリックすると、この AP が優先的にマスター AP になります (通常の運用では、この操作は行いません)。





Make me Controller をクリックした場合、以下のような警告が表示され、はい をクリックすると、現在の マスター AP が再起動し、指定した従属 AP 上で Mobility Express コントローラ機能が起動開始します。












コントローラ


マスター AP の設定編集では コントローラ メニューが表示され、初期設定ウィザードで設定した Mobility Express コントローラのホスト名、管理 IP アドレスなどを変更できます。通常は変更する必要はありません。

管理 IP アドレス を変更する場合は、Mobility Express コントローラと従属 AP の CAPWAP セッションが一旦全て切断され再帰属処理が行われます。管理者は新しい IP アドレスで管理 GUI へアクセスする必要があります。

日本国内で販売している AP で (カントリーコード) を変更すると、従属 AP がマスター AP に帰属できなくなりますので変更しないでください。





無線


APの無線インターフェイス (2.4GHz および 5GHz) の設定を行います。通常は変更する必要はありません。

  • 管理モード : 無効 にすると電波出力を停止することができます。干渉の少ない 5GHz のみを使用する場合などに設定変更をします。
  • チャネル : デフォルトは自動 (Automatic) です。無線チャネルを静的に設定する必要がある場合のみ変更します。
  • チャネル幅 : 5GHz インターフェイスでは電波環境に応じて自動的に設定されていますが変更することも可能です。2.4GHz インターフェイスでは 20 MHz固定です。Cisco は 2.4GHz 帯でのチャネルボンディングをサポートしません。
  • 送信電力デフォルトは自動 (Automatic) です。送信電力を静的に設定する必要がある場合のみ変更します。1 が最大出力で数字が大きいほど電波出力が小さくなります。



2.4GHz インターフェイスの例



5GHz インターフェイスの例

   





(参考) AP での静的 IP アドレス設定


通常、Mobility Express では AP の IP アドレスは DHCP により取得し、障害対応以外で AP の CLI 操作を行なうことはありませんが、何らかの理由で DHCP が使用できない環境の場合は、導入時にシリアルコンソール接続を行って CLI より AP に静的 IP を設定することができます。



AP OS

AP OS の稼働する AP (AP 1810W/1830/1850/2800/3800 等) ではシリアルコンソールの enable モードにて capwap ap ip コマンドにより静的 IP アドレスを設定できます。

また、capwap ap primary-base コマンドにより、明示的に帰属先 Mobility Express コントローラの 管理 IP アドレス を設定することも可能です。(Mobility Express は全ての AP が同一セグメントに接続されており、従属 AP の Mobility Express コントローラ発見は ブロードキャスト CAPWAP により行われますので、通常はこの操作は不要です。)

// AP での静的 IP アドレス設定例

/ AP での帰属先 Mobility Express コンソールの静的指定例
// コマンド : 
capwap ap ip [AP IP アドレス] [サブネットマスク] [デフォルトゲートウェイ]

APB0AA.7792.7BF8# capwap ap ip 172.30.240.11 255.255.255.0 172.30.240.254
APB0AA.7792.7BF8#
APB0AA.7792.7BF8# show capwap ip config    // 確認用コマンド
IP Address                         : 172.30.240.11
IP netmask                         : 255.255.255.0
Default Gateway                    : 172.30.240.254


// AP での帰属先 Mobility Express コンソールの静的指定例
// コマンド : 
capwap ap primary-base [Mobility Express コントローラ名] [管理 IP アドレス]


APB0AA.7792.7BF8# capwap ap primary-base ME-1 172.30.240.201
APB0AA.7792.7BF8#
APB0AA.7792.7BF8# show capwap client config   // 確認用コマンド
AdminState                         : ADMIN_ENABLED(1)
Name                               : APB0AA.7792.7BF8
Location                           : default location
Primary controller name            : ME-1
Primary controller IP              : 172.30.240.201
Secondary controller name          :




IOS

IOS で稼働する AP での静的 IP アドレス設定については Wireless LAN Controller (WLC) に AP を帰属させる場合と同じです。Lightweight APを WLCへ Joinさせる手順 (CLI) をご参照ください。

1416
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント