シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Mobility Express 冗長構成について

本ドキュメントでは、Mobility Express 環境における冗長構成について

記載します。

*本ドキュメントでは、バージョン8.3.112.0 を用いております。

 

// 事前準備 //

冗長構成を形成するために、特別な設定は不要となりますが、

Mobility Express 環境に属する2台以上のAP のイメージを

MOBILITY EXPRESS CAPABLE に変更する必要がございます。

 

AP が上記のイメージになっているかを確認するためには、以下の箇所を

確認してください。

 

AP# show version

:

AP Running Image     : 8.3.112.0

Primary Boot Image   : 8.3.112.0

Backup Boot Image    : 8.3.112.0

AP Image type    : MOBILITY EXPRESS IMAGE

AP Configuration : MOBILITY EXPRESS CAPABLE

 

*もし、上記の表示になっていない場合は、以下のURL を参考にイメージを変更してください。

 

[Mobility Express への変換方法]

https://supportforums.cisco.com/ja/document/13079601

 

// 動作概要 //

Mobility Express をサポートしているAP1830,1850,2800 及び3800 シリーズの

アクセスポイントは、VRRP を用いて冗長構成を形成します。

1.起動しているMaster AP に対して、再起動や上位スイッチのポートがダウンしてしまい、通信障害が発生したとします。

2.Master AP に障害が発生し、Master AP と通信が出来なくなった事を検知したAP1 または AP2 は、あるルールに基づいて、一方がMaster AP に切り替わります。

この際に、Master AP に設定されていたIP アドレスや設定は引き継がれます。

3.障害から復旧したMaster AP は、新しいMaster AP に対して、帰属をして無線サービスを開始します。

 

// Master AP 選出について //

Master AP (WLC) が選出される優先順位は、下記の通りとなっています。

 

1.ユーザ定義

Master AP GUI にアクセスをして、以下の箇所で設定が可能です。

 

ワイヤレス設定 > アクセスポイント > 編集ボタン > Make me Controller をクリック

*上記の設定は、再起動が必要となります。

 

 

CLI では、以下の方法にて、設定が可能です。

 

(Cisco Controller) >config ap next-preferred-master <Cisco AP Name>

*上記の設定は、再起動が必要となります。

 

2.AP の型番

Master AP になれるAP の型番がいくつか、同じネットワーク内に存在する時は、以下の順に優先順位が高くなります。

 

AP3800 > AP2800 > AP1850 > AP1830

 

3.クライアント接続数が少ないAP

4.MAC Address が小さいAP

 

上記の優先順位を踏まえて、以下にいくつかの例をご紹介します。

例1.

例1の場合、Master AP に障害が発生した際には、優先順位が1番高いユーザ定義がAP2 に対して、設定されているため、AP2 がMaster AP として選出されます。

例2.

例2の場合、Master AP に障害が発生した際には、ユーザ定義がなされていないかつ同型番のAP を使用しているため、3番目に優先順位が高いクライアント接続数の少ないAP がMaster AP に選出されます。そのため、例2では、AP1 がMaster AP に選出されます。

参考URL

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/wireless/controller/technotes/8-3/b_Cisco_Mobility_Express_Deployment_Guide/b_Cisco_Mobility_Express_Deployment_Guide_chapter_01001.html

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-25-2017 02:42 PM
更新者: