シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Mobility Express (AP1800 /2800 /3800) が予期しない再起動した際にご取得頂きたいログ(8.1/8.2 イメージの場合)

本ドキュメントでは、Mobility Express として動作しているAP 1800 /2800 /3800 シリーズが予期しない再起動(crash)した際に

ご取得頂きたいログ及びファイルをご案内いたします。

Mobility Express にインストールされているイメージが、8.1/8.2 台の場合

 

1.Mobility Express / APにコンソール接続またはSSH 接続を実施してください。

 

<Mobility Express>

- config paging disable

- show run-config

- show tech

- show logging

- config paging disable

 

<AP>

AP> enable

AP# terminal length 0

AP# show tech

AP# terminal length 25

2.次に、AP CLI より下記のコマンドの出力を確認して、ファイルが生成されているかを確認してください。

 

AP# show flash cores

 

================================

Directory of /storage/cores/

total 18300

-rw-r--r--    1 root     root      18736589 Jun  5 21:31 AP__core-switchdrvr.8.2.110.0.2016-06-05-21-31-25.tgz

---------------------------------------------------------------------------

Filesystem                Size      Used Available Use% Mounted on

flash                    57.6M     49.3M      5.3M  90% /storage

================================

 

3.上記コマンドでファイルが生成されている事を確認した後に、下記のコマンドを用いてTFTP サーバにファイルを転送してください。

 

AP# copy cores <ファイル名> tftp: <TFTP server IP address>

EX)

AP# copy cores AP__core-switchdrvr.8.2.110.0.2016-06-05-21-31-25.tgz tftp: 1.1.1.1

 

4.次に、AP CLI より下記のコマンドの出力を確認して、Mobility Expresscrash ファイルが生成されているかを確認してください。

 

AP# show flash crash

 

================================

Directory of WLC crashfiles /storage/application/wlc/crashfiles/

total 40

-rw-r--r--    1 root     root         23104 Jun  5 21:31 mwar_dump2.crash

================================

 

5.上記コマンドでファイルが生成されている事を確認した後に、下記のコマンドを用いてTFTP サーバにファイルを転送してください。

 

AP# copy crash <ファイル名> tftp: <TFTP server IP address>

EX)

AP# copy crash mwar_dump2.crash tftp: 1.1.1.1

 

6.次に、AP CLI より下記のコマンドの出力を確認して、事象発生時刻が含まれるsyslog をご取得ください。

 

AP# show flash syslog

================================

Directory of /storage/syslogs/

total 224

-rw-r--r--    1 root     root          6281 Jun   5 21:31 1

-rw-r--r--    1 root     root           313 Jun   5 21:31 1.last_write

-rw-r--r--    1 root     root         20399 Jun   5 21:31 1.start

-rw-r--r--    1 root     root         10471 Jun   5 21:31 1.watchdog_status

-rw-r--r--    1 root     root           314 May  2 00:00 2.last_write

-rw-r--r--    1 root     root         20399 May  2 00:00 2.start

-rw-r--r--    1 root     root            20 May  2 00:00 2

================================

 

今回の出力の場合は、syslog の名前の頭に “1” がつくsyslog を全てご取得ください。

頭に“1” がつくsyslog をご取得頂く理由といたしまして、show flash cores 配下で生成されたファイルの時刻を含むためです。

syslog の数字は、ご利用の環境によって異なるため、ファイルが生成された時刻を確認してからご取得ください。

 

7.上記syslog を下記のコマンドを用いて、TFTP サーバに転送してください。

 

AP# copy syslog <syslog > tftp: <TFTP server IP address>

EX)

AP# copy syslog 1 tftp: 1.1.1.1

AP# copy syslog 1.start tftp: 1.1.1.1

AP# copy syslog 1.last_write tftp: 1.1.1.1

AP# copy syslog 1.watchdog_status tftp: 1.1.1.1

 

 

235
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント