シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

初期導入の Prime Infrastructure へ Web GUI アクセスできない問題

TAC SR Collection
主な問題

初期インストール後の Prime Infrastructure において、'ncs status' での起動ステータスが下記のようになり、Web GUI へのアクセスできないという問題が発生することがあります。

NCS-APL/admin# ncs status

Health Monitor is running, with an error.

failed to start NCS on startup Health Monitor

Reporting Server is running

Ftp Server is running

Database server is running

Tftp Server is running

Matlab Server is running

NMS Server is stopped.

SAM Daemon is running ...

DA Daemon is running ...

Syslog Daemon is running ...

この問題は、以下のシナリオで初期インストールを行った時に発生します。

1) Prime Infrastructure を最初に電源オンにした際、Setup Wizard において、ある IP アドレスを設定

**********************************************

Please type 'setup' to configure the appliance

**********************************************

localhost.localdomain login: setup

Enter hostname[]: NCS-APL

Enter IP address[]: 1.1.1.1

Enter IP default netmask[]: 255.255.255.0

Enter IP default gateway[]: 1.1.1.254

:

2) 'write erase' を実施した後、'halt' を実行し電源オフにする

3) 2 回目の電源オンの後の Setup Wizard では、(1) とは異なる IP アドレスを設定

**********************************************

Please type 'setup' to configure the appliance

**********************************************

NCS-APL login: setup

Last login: Thu Mar 14 13:00:24 on ttyS0

Press 'Ctrl-C' to abort setup

Enter hostname[]: NCS-APL

Enter IP address[]: 192.168.0.1

Enter IP default netmask[]: 255.255.255.0

Enter IP default gateway[]: 192.168.0.254

:

原因

CSCuf25963 PI1.2 : Health Monitor is running, with an error/NMS Server is stopped

解決策

CSCuf25963 の修正バージョンを使用することにより、この問題は発生しなくなります。

・下記手順を実行することより、 Prime Infrastructure を正常起動させることができます。

1) root ユーザに移行

※ root ユーザ権限への移行方法は、下記 URL を参照ください

https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-33376

2) /opt/CSCOlumos/conf/に移動し、messaging.properties が存在することを確認

ade # cd /opt/CSCOlumos/conf/

ade # ls -l

:

-rw-r--r-- 1 root root 265 Mar 19 14:09 messaging.properties

:

3) messaging.properties ファイル内容を vi で編集

###############################################

# Messaging Service Properties #

###############################################

# JMS Broker URL

broker.url=ssl://1.1.1.1:61617?wireFormat.maxInactivityDuration=0

broker.name=XMP_Message_Broker

ade #

※"1.1.1.1" となってしまっている部分を"192.168.0.1" に変更する

備考

・該当ハードウェア

ハードウェアには依存しません

・該当ソフトウェア

1.2.0.103, 1.2.1.12, 1.3.0.20

1654
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント