キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

無線SIP電話 が通話中にローミングした場合に、アクセスポイントのメモリリークが発生することがある

TAC SR Collection
主な問題

無線SIP電話が、通話中に、アクセスポイント間でローミングしたときに、アクセスポインのメモリリークにつながる可能性があります。

メモリリークによって、アクセスポイントの再起動につながります。

具体的な発生条件

- SIP based Call Admission Control を有効にしている

- 無線SIP電話 が、通話中に、アクセスポイント間でローミングする

現象発生の確認方法

- show memory allocating-process totals  をローミングのたびに継続的に取得すると、MallocLite のメモリ使用量が増えていきます。

実行例)

LAP#show memory allocating-process totals

                Head    Total(b)     Used(b)     Free(b)   Lowest(b)  Largest(b)

Processor     EF4304    12621052     8142976     4478076     4399868     4432284

      I/O    1B00000     5242880     4085532     1157348     1139132     1157264

Allocator PC Summary for: Processor

    PC          Total   Count  Name

0x0011377C    1569600    1744  *Packet Header*

0x001AD5D8     939720     110  Process Stack

0x00480D98     510248       2  802.11 driver Instance

0x001B2914     393928       6  MallocLite

(以下略)

原因

ソフトウェア不具合:

CSCug21736  Memory leak at dot11_driver_cal_update_call_params (MallocLite)

解決策

https://tools.cisco.com/bugsearch/bug/CSCug21736CSCug21736 の修正バージョンにアップグレードすることにより、この問題は発生しなくなります。

備考

・該当ハードウェア

すべてのアクセスポイント

・該当ソフトウェア

AireOS 7.0 - 7.5

IOS XE Software 3.2.x.SE (Wireless Controll Module Soffware 10.0)