キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

AP SSO 構成で standby WLC より意図しないパケットが RADIUS server へ送信される問題

TAC SR Collection
主な問題

問題の概要

AP SSO 構成で RADIUS の Fallback Test Mode を Active に設定している場合、本来送信されるべきではないパケットが、 Standby 側の WLC より RADIUS serverへと定期的に送信されてしまいます。


このパケットに使用される Source Address は Redundancy-management Interface の Address であるため、RADIUS サーバ側でこのアドレスを登録していない場合、RADIUS サーバ上でエラーメッセージが出力される原因となります。

原因

ソフトウェア不具合

CSCug96865  Unexpected packet is send to RADIUS server periodically from standby WLC

解決策 CSCug96865  の修正バージョンにアップグレードすることにより、この問題は発生しなくなります。

 

備考

・該当ハードウェア

ハードウェアには依存しません

・該当ソフトウェア

AireOS  7.5 までのバージョン

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-25-2014 04:18 PM
更新者: