キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

WLC の表示でチャネル 144 が利用されているように見える問題

TAC SR Collection
主な問題

IEEE 802.11ac 規格に対応している日本向け AP が、チャネル 144 で動作していることを WLC の GUI あるいは CLI が示す場合があります。

チャネル 144 は日本国内では AP が使用することを許可されていない周波数ですが、これは WLC の表示上の不具合であり、実際にはチャネル 144 の周波数において電波は送信されていません。

具体的には、下記のコンフィグが全て設定されている場合に発生します。

- RRM の DCA 設定が Auto (初期値は Auto)

- RRM の DCA チャネル幅が 80MHz (初期値は 20MHz)

- RRM の DCA チャネルリストにおいて、Extended UNII-2 Band が有効にされており、かつチャネル 132, 136, 140 がリスト内に含まれる場合 (初期値では Extended UNII-2 Band は無効)

この誤表示は WLC の次の箇所で確認できます。

GUI の場合: WIRELESS > Access Points > 802.11a/n/ac > Channel 列

CLI の場合: show advanced 802.11a summary 出力

誤表示例:(136, 132, 140, 144)*

原因

ソフトウェア不具合:

CSCum17989 RRM DCA assigns an invalid channel for Japan when using 80MHz

解決策

CSCum17989 の修正バージョンにバージョンアップすることにより、この問題は発生しなくなります。

備考

・該当ハードウェア

AIR-CAP3702I-Q-K9

AIR-CAP3702E-Q-K9

AIR-RM3000AC-Q-K9 (AIR-CAP3602I/E-Q-K9 に装着して使用するモジュールです。)

上記 AP が Join している Wireless LAN Controller

・該当ソフトウェア

WLC Software 7.5.102.0, 7.6.100.0

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-20-2014 11:53 PM
更新者: