シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
告知
シスコ サポート コミュニティへようこそ!あなたの ご意見 をお聞かせください。
New Member

OAL設定後のログ出力処理について

 Catalyst6504において、ACL末行(permit ip any any)にlogオプションを付けた上でOAL設定を追加したところ、以下のように同じACLログが2行出力されることがあります。

03:40:31.524 JST: %SEC-6-IPACCESSLOGP: list inbound_policy permitted tcp 10.173.192.63(49293) -> 10.166.131.2(23), 1 packet
03:40:34.532 JST: %AFLSEC-6-OALP: permitted tcp 10.173.192.63(49293) -> 10.166.131.2(23), 1 packet

  大半は「%AFLSEC-6-OALP~」のみのログ出力ですが、一部「%SEC-6-IPACCESSLOGP~」と「%AFLSEC-6-OALP~」の両方でログ出力されます。

 

  CPUを使いたくないため、全て「%AFLSEC-6-OALP~」で出力するログ環境を構築したいのですが、実現手順についてご教示頂けないでしょうか?

【OAL設定内容】

logging ip access-list cache rate-limit 500
interface Vlan111
 ip access-group inbound_policy in
 p access-group outbound_policy out
 logging ip access-list cache in
 logging ip access-list cache out

【構成情報】

 ・WS-C6504-E
 ・Supervisor Engine 720
 ・Policy Feature Card 3
 ・IOSversion: 122-33.SXJ9

1 件の返信
New Member

こんにちは。

こんにちは。

"%AFLSEC-6-OALP"のみを出力させる事はできないと思います。

95
閲覧回数
0
いいね!
1
返信
作成コンテンツを作成するには してください