Cisco Support Community
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

2015/5/26 Webcast "シスコのハードウェア 及びソフトウェア の品質向上への取組み" Q&A

 資料ダウンロード ハードウェア編  ソフトウェア編

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Q1. ME3600X(400台ほど設置)でパリティエラーが時々発生するのですが,ソフトエラーの発生許容値どの程度なのでしょうか?
A1.大変申し訳ございませんが、許容値は公開しておりません。

Q2. H/Wメトリック 信頼比のターゲット値は? また、どのような方法で決められているのでしょうか?
A2.  信頼比のターゲットはプラットフォームやMTBFなどを考慮に入れ決められます。

Q3. 光学式自動外観試験機で判別できないものはどのようなものでしょうか?
A3. 光学式自動外観試験検査では、部品実装位置の正確性やハンダ状態の確認を行っています。このため、ショートなどは確認する事が出来ません。この点は別のテスト項目であるインサーキット試験にて検出可能になっています。

Q4. ソフトウェアパリティーErrorが よく発生すると思いますが、設置環境などで Cisco製品は 他の製品よりも発生しやすい環境があるなどありますか?
A4. ソフトエラーは使用している部品に依存してます。このため同じ部品を使用している場合、設置環境などによる違いはありません。

Q5. 高加速寿命試験実施により改善対策を実施した場合再度加速試験を行うのか。行う場合どのレベルまで満足すれば改善は不要と判断する規準はあるのか。
A5. 改善の要不要は、その壊れた部分のシステムへの影響度および改善するためのコストなど、総合的な判断により決められます。

Q6. ソフトエラー試験は部品採用時に部品単体で実施するのみか。装置やパッケージとして実施することはしないのか。
A6.採用時の試験は部品単体、実ボードへの実装状態、シャーシへ組み込んだ状態のそれぞれで行っています。

Q7. パリティーErrorが発生した場合 下記回答をお客様に実施していますが、この認識に間違いが無いか?

通常、ノイズなどにより回避不可能なソフトパリティエラーとハードウェア
不良に伴うパリティエラーの可能性が考えられます。

本件の対策としては、本クラッシュ事象が一回のみの発生であるため、
ノイズなどにより回避不可能な ソフトパリティエラーの可能性が
高いとものと判断しています。
そのため、恐れ入りますが、そのまま様子見にてご対応頂けますでしょうか。

万が一、短期間内で事象の再発等がありましたら、ハードウェア不良に
伴うパリティエラーとして、その際当該機器の交換にてご対応頂けますでしょうか

A7.問題ございません。 

Q8. ソフトのValidate等リリース前に実施すべきことは徹底されているのか。
A8. はい。フィーチャーテスト、システムテスト、リグレッションテスト等、リリースまでに複数のテストプロセスを通過する必要があります。また、それぞれのプロセスにて判定基準があり、次のテストプロセスに進むにはその判定基準をクリアする必要があります。

Q9.お客様に パリティエラー時の挙動についてCisco社の説明資料が欲しいと言われています。何か よいURLなどありますでしょうか?
A9.全ての挙動を説明する資料はございませんが、以下のURLなどをご参照頂ければと思います。
http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/111/1119/1119768_116135-trouble-6500-parity-00.html

Q10.品質プロセスとして規定している検問が確実に遵守されていることをどのように確認しているのか。
A10.各ゲートにてレビューが行われ、各プロセスの実施状況とその結果が確認されます。

Q11.信頼比のターゲット値を超えていないか測定値の算出方法は?
A11.測定値はRMAによる返却率を使用しています。

73
Views
0
Helpful
0
Comments