シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

セルフサービス オンボーディング:デバイス データ収集 オプションの概要

Cisco Employee

こんにちは。

 セルフサービス オンボーディング サイトを使用した Smart Net Total Care への自社の登録と、スマート ポータルへのアクセス権の取得はもうお済みでしょうか。本稿では、デバイス データを収集し、ポータルにアップロードするためのさまざまなオプションについてご説明します。デバイス データをポータルにアップロードすることにより、シスコがお客様のサポート情報とワークフローを分析し、それらを強化することができます。

 デバイス データを収集して Smart Net Total Care ポータルにアップロードする方法は、3 つあります。

  • CSV ファイル インポートを使用した手動アップロード
  • サード パーティのコレクタ(Netformx SolarWinds
  • Cisco Common Services Platform CollectorCSPC

 上の 3 つのどのオプションでも、データを Smart Net Total Care ポータルに安全にアップロードできます。収集データのアップロードはエンド ツー エンドのセキュア チャネルを使用して実行されます。ファイルは暗号化され、シスコ データセンターに安全に転送されます。CSP-C のセキュリティの例については、こちらのビデオこちらのドキュメントで説明されています。データの収集とアップロードにどのオプションを使用しても、ポータルでデータが保存、管理され、すべてのユーザが安全にアクセスできます。インストール ベース情報が更新されていけば、ポータル機能(サービス対象期間管理の自動ワークフロー、デバイス固有の実用的なアラートなど)を十分に利用できるようになるでしょう。

 この 3 つのコレクタ オプションについて、1 つずつ説明します。

 

オプション 1CSV ファイル インポートを使用した手動アップロード

 CSV ファイル インポート機能は、インベントリ データを手動でアップロードするシンプルな方法です。これは、デバイス データを基にしたレポートを作成する最もシンプルかつ時間がかからない方法です。比較的安定した(変更が多くない)ネットワークを運用している中小規模の企業にとって適切な選択肢といえます。最初のインベントリをアップロードする場合、またはすでに他の収集オプションによりアップロードされている既存のインベントリ データを更新する場合に、CSV ファイル インポート機能を使用できます。

 これは手動によるプロセスであり、デバイス データは通常スプレッドシートに入力します。CSV ファイルのフィールドへの入力は注意深く行ってください。デバイス データを適切な形式で CSV ファイルに入力するには、『CSV File Import Application NoteCSV ファイル インポート アプリケーション ノート)をガイドとして参照してください。

 サンプル ファイルには 8 つのフィールド(列)があります。最初の 4 つのフィールドは必須であり、残りの 4 つのフィールドはオプションです。

 ポータル レポートに出力される情報は、CSV ファイルに入力する情報量に影響されます。たとえば、ソフトウェアのタイプやバージョンなどのオプションの情報を含めない場合、レポートに相関性のあるアラート詳細情報は出力されません。

 

オプション 2:サード パーティのコレクタ(Netformx SolarWinds

 このオプションは、ポータルに組み込まれていないライセンスを必要とするため、すでにサードパーティ コレクタを使用しているお客様向けです。Smart Net Total Care は、Netformx システムと SolarWinds システムからポータルへの直接アップロードをサポートしています。

 いくつかのオプションを設定し、既存のサードパーティ システムを使用して、インベントリ データの検出、収集、シスコへのアップロードを実行できます。シスコでデータが分析され、Smart Net Total Care ポータルに表示されます。

 サードパーティ コレクタの機能はベンダーによって異なりますが、サードパーティ デバイスから生成されるレポートには、CSPC コレクタと同じレベルのデバイス詳細情報を含めることができます。ただし、サードパーティ デバイスはネットワークにずっと取り付けられているわけではないので、収集とアップロードはオン デマンドで実行します。スケジューリングすることはできません。つまり、お客様の手作業が多くなります。

 サードパーティ デバイスは SmartData Advantage に統合されていないため、サービス リクエストを迅速に解決できるようにデータを直接 TAC に提供することができません。

 サードパーティ コレクタを使用することにした場合には、こちらの Netformx Collector のセットアップに関するブログ記事をお読みいただき、サードパーティ コレクタの使用を開始する際にお役立てください。SolarWinds Network Configuration Manager の詳細については、 こちらのブログ記事でセットアップ手順を詳しく説明しています。

オプション 3Cisco Common Services Platform CollectorCSPC

 CSPC は、お客様のネットワーク デバイスからデータを収集する、柔軟で再利用可能なモジュール型データ収集プラットフォームです。このコレクタは、仮想マシンまたはハードウェア アプライアンスとして使用できます。 CSPC ソフトウェアのダウンロード、導入、および設定方法の詳細については、こちらのブログ記事と『CSPC Getting Started GuideCSPC スタートアップ ガイド)[英語] を参照してください。

 導入が完了したら、コレクタを次の用途で使用できます。

  • インストール ベースの検出
  • インストール ベース デバイスからの各種データの収集
  • Smart Net Total Care ポータルへのデータのアップロード


 CSPC コレクタでは、定期的なデバイス検出、データ収集、データのアップロードをスケジュールできます。つまり、処理を自動化して、Smart Net Total Care レポートで常に最新のインストール ベース情報を参照することができます。

 

まとめ

 この記事でご紹介したオプションのいずれかを使用して、インストール ベースを Smart Net Total Care ポータルにアップロードできます。また、ポータル自体からインベントリ アップロードのステータスを確認することもできます。左側のナビゲーション ウィンドウの [管理(Administration] の下で、[アップロード処理(Upload Processing] を選択すると、すべてのアップロードの進捗状況が右側に表示されます。次に例を示します。

 ポータルでデータが閲覧可能になったら、それを活用してインストール ベースをプロアクティブに管理できるようになります。

3 つの各オプションの長所と短所の詳細については、こちらの短いプレゼンテーション [英語] を確認してください。

 以下にコメントやご質問をお気軽にお寄せください。皆様が選択したデータ収集オプションについてのご意見/ご感想、その後の状況のご報告をお待ちしております。

 選択した収集方式のセットアップが完了したら、ポータルの使用を開始する準備が整ったことになります。こちらのブログ記事では、Smart Net Total Care を使用してデータから価値を引き出す方法を詳しく説明しています。

Jawaid Iqbal

39
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント